ブログ

ブログ

29.12 健康ニュース

こんにちは!いよいよ12月、2017年も残すところあと一か月。

振り返ってみて、今年一年はどんな年でしたか?楽しくて充実した一年だった!と言える方はもちろん、特に変わり映えのしない一年だったかな…という方も、終わりよければすべてよし、です。

 

12月をいい月にして「いい一年だった」と締めくくりましょう。

 

今週も健康情報満載のニュースレターをお届けします。  

 

 

冬太りしない宣言!

なぜ太っちゃうのか

冬に太ってしまう原因は二つあります。まず一つ目は、特に年末年始にかけて、食べる機会が増えることです。クリスマスケーキを食べて、忘年会でお酒を飲み、紅白歌合戦を見ながらお菓子をポリポリ、年が明けたらお正月番組を見ながらおせちにお雑煮に…

 

「年に一度のイベントだから」「こういう時は我慢しちゃダメ」なんて自分を甘やかしていると、お腹周りのおニクとなって返ってきますので、楽しみつつも食べ過ぎず、が大原則です。

 

また、冬はなるべくコタツの中でゴロゴロしていたいもの。そんなぐうたらな生活が引き起こすのが「運動不足」です。日常の中でも、少し歩けば行ける場所にも車を使ってしまったり、ちょっとした買い物もネットで済ませてしまったりしていると、体を動かす機会を失ってしまい、どんどん運動と疎遠になっていきます。

 

意識的に歩く。車は使わない。その二つの心がけだけで、運動量は大きく変わります。

 

「宣言」で自分を追い込む!

ダイエットの天敵は誘惑ですよね。おいしそうなケーキに目がくらんだときも、お友達に「私もデザート食べるから一緒にどう?」と言われたときも、あなたの意志が固いままでいられるように「私痩せるわ!」宣言をしましょう。

単に「ダイエットする」と言うだけでなく、「お正月が明けても今の体重をキープする」「3月までに2キロ減らす」「独身の時に着ていたあの服を、1年以内にあなたの前で着て見せる」などなど、できるだけ数字や期間、服やベルトなどの特定のものを提示して、具体的に宣言するといいでしょう。

 

言ってしまったからには、やらざるを得ません。お菓子を目の前にしても、「宣言しっちゃったからなぁ…」と、あなた自身があなたにストップをかけてくれるようになります。

 

結果が出てくると楽しくなってくるので、我慢は最初のうちだけです

 

 

健康ニュース

こんにちは!早いもので、11月も終わりかけで世の中のクリスマスムードが高まってまいりました。でも、実際には気持ちがなかなか追いつきませんよね(笑)。

 

冬を迎える前に、もう少しだけ、趣深い秋を楽しみたいものです。

 

今週も健康情報満載のニュースレターをお届けします。

 

今月の健康:疲れが残っていませんか?

◆疲れにも種類がある

免疫力が低下して風邪を引く、不眠に悩まされる、胃腸の調子が悪くなる、など、体が弱っていることを示す症状はたくさんあります。が、本来ならば体は常に健康な状態に保ち、異状が現れそうならば、上記のような症状が出る前に気付いて防ぐようにしたいものですよね。では、体が弱っているサインはどうやって見つければいいのでしょうか?

 

体が悲鳴をあげる前兆は「疲れ」です。一言に疲れと言っても、寝て取れる疲れ、仕事や遊びに夢中になれば忘れてしまう疲れは一時的なもの。そうではなく、長期的に休養を取ったが抜けない疲れや、一晩眠っても残る疲れ、つまり「長引く疲労感」は体が発する黄信号とされています。

 

疲労感に悩まされている方は、テレビCMのようにエナジードリンクを飲んでごまかすのではなく、どうして疲れが抜けないのか、ご自身の体と向き合う時間を作ってみてくださいね。

 

◆「何もしない日」をつくろう

これから年末にかけて、なかなかしっかりと休めない日々が続くかもしれません。誰もが忙しくなるシーズン、あなたはどうやって過ごしていますか?ストレスがたまるからと深酒をしたり、いつも以上に趣味に打ち込んだり、睡眠時間を減らしてまでネットをしたりしていませんか?

 

確かに、忙しくなって好きなことができなくなるのはストレスがたまります。しかし、一日寝ても抜けない疲れが体にある時に、更に体に負担を与えるようなことをしてしまうと、生活習慣病などの大きな病気を引き起こかねません。

 

何もせずただただボーっとする、ゴロゴロする。体のためには、そんな時間も必要です。

 

「疲れているから○○をしよう」ではなく

 

「疲れているから何もしない」日を作ってみてはいかがでしょうか。

 

時にはツメを見ツメてね

☆ 爪はあなたの健康の鏡!

ご存知の通り、爪は指先を保護する機能があり、爪があるからこそ私たちは小さいものをつまんだり、細かい作業をすることができます。そんな脇役的存在の爪ですが、ご自身の爪、ご家族の爪、親しいお友達の爪を見てみてください。みんな色も形も微妙に違いますよね。そう、爪は「あなたがどんな食生活を送り、どんな健康状態にあるか」を表しているのです。

 

理想的な爪はピンク色でつやのあるもの。年齢を重ねると縦じまが出てくるようになりますが、老化現象の一種であり、病気ではありません。しかし横じまは要注意。栄養状態が悪い、貧血気味などの原因がありますが、腎臓病などの大きな疾患が心配されることもあります。

 

☆ 爪の状態をチェック!

発行:くまがい整骨院・整体院

住所:福岡県筑紫野市杉塚1-2-14

電話:092-775-0540

治療のご予約お待ちしております

 

マニキュアをしている女性も多いですし、爪をじっくり眺めることなんてなかなかありませんよね。でもこんなふうに、爪は私たちに多くのことを教えてくれるのです。時にはマニキュアを落として、しみじみと爪を見つめてみてはいかがですか?お子さんの爪を切るときには、ただただパチンパチンと切り落とすだけでなく、爪の状態がつややかでいい状態かどうか、チェックしてあげてくださいね。

◆ 編 集 後 記 ◆

気温が下がってくると、チョコレート系やクリーム系の「濃厚な甘み」を売りにしたお菓子の宣伝が増えます。実際、寒くなるとそういうものが食べたくなる人が増えるからなのでしょうが・・宣伝されるがままに購入するのは要注意。お砂糖は体を冷やすので、本当は寒い時期には食べないほうが良いのです。冷えが気になる方は「砂糖断ち」から始めてみましょう。

お体の調子はいかがですか?お体のご相談は当院へどうぞ。

健康ニュース

こんにちは!落ち葉がひらひらと風に舞う季節になりました。銀杏も色付き、ぎんなん拾いを楽しみにしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

落ち葉掃除をして、焼き芋をするのも風流な感じではないでしょうか。お掃除もぎんなん拾いもいい運動になりそうですね!
 

 

今週も健康情報満載のニュースレターをお届けします。

 

今月の健康:高血圧予防のために

高血圧の仕組みを知る

高血圧、と言っても実はあまり良く分かっていないことが多いその仕組み。なぜ高血圧になるのでしょうか。通常、血管には血液が滞りなく流れています。しかし、その血管に老廃物が付着して流れが悪くなると、心臓は圧力を高めて体のすみずみにまで血液を送ろうとするのです。その結果、圧がかかりっぱなしになるため、高血圧という症状が引き起こされるのです。

 

最大血圧が140mmHg以上、最小血圧が90mmHg以上ある状態を高血圧と呼んでいます。血圧が高いままになると、血管に負担がかかり、傷付きやすくなります。そこから動脈硬化が起こったり、脳卒中などの脳血管疾患、心臓病、腎疾患などが引き起こされる確率が高くなります。

 

 

高血圧を放置することで、糖尿病等の合併症を引き起こすこともあります。どちらも痛みもなく静かに進行してしまうので、注意が必要です。

 

高血圧と塩分の関係

よく、高血圧の人は塩分を控えなさい、と言われます。それはどうしてなのでしょうか。食塩、いわゆる塩化ナトリウムの摂取が多すぎると、血管内のナトリウム濃度が上がります。

 

本来体には、そのナトリウムを尿で排出しようとする働きがあるのですが、それを上回ると血液内にナトリウムが蓄積されていくのです。体は、それを薄めて調節しようとするので、水分を多めに取り込むようになり、血液量が増加していきます。いつもより多い血液を血管に流そうとすると、当然血圧は高くなります。

 

 

また、血管細胞にナトリウムが蓄積してしまうと、その細胞がむくんで血管壁が膨らみます。当然血液の通り道は狭くなってしまうため、これも血圧が上昇します。このように、塩分は2つの方向から高血圧を促進させてしまう作用があります

 

旬の食材レシピ ブロッコリー

ブロッコリーの旬は11~1月。実はキャベツの変種です。

【ブロッコリーの効用】

緑黄色野菜のブロッコリーは、レモンの2倍ものビタミンCの他、粘膜や皮膚を保護する働きがあるカロチン、ビタミンAを豊富に含んでいます。また、食物繊維も豊富です。最近では抗ガン作用のあるフィトケミカルが含まれていることも分かりました。

【ブロッコリーのカレーヨーグルトディップ】

材料 … ブロッコリー・1房 無糖ヨーグルト・大さじ2 

    カレー粉・小さじ2 マヨネーズ・小さじ2 ・少々

つくり方

  1. ブロッコリーは小房に分け、芯は皮をむき食べやすいサイズに切ります。
  2. 塩少々を入れたお湯でゆでます。
  3. 無糖ヨーグルト、マヨネーズ、カレー粉を合わせます。
  4. ゆであがったブロッコリーをお皿に盛り、ディップをつけていただきます。

 

免疫力を高める!

♪ 乳酸菌を積極的に摂取する

数年前、R-1乳酸菌というのがインフルエンザ予防に効果が高いと紹介されました。確かにR-1乳酸菌は他よりもNK細胞を活性化させる多糖体を多く産生することが認められていますが、他の乳酸菌ももちろん多糖体を作り出すという働きは同じです。腸内環境を改善することにより、腸内に全体の6割もいるという免疫細胞の働きも良くなりますので、腸からウイルスが入って行くのを防ぐことができます。毎日の食事に乳酸菌を取り入れることで、免疫力アップを図ることができるのです。

 

♪ ラジオ体操を始めてみる

ラジオ体操は、ひねりあり、ジャンプありで全身を余すことなく使ったもの。一つ一つの動作を意識して行えば、短い時間でしっかりと全身を動かすことができるのです。朝日を浴びながらラジオに合わせて体操をすることで体内時計がリセットされ、免疫力アップの他自律神経のバランスを整える効果も。そして全身運動により血行がよくなるので、免疫細胞が効率的に働くようにもなります。

 

♪ 大きな声で歌う、笑う


大きな声を出して歌ったり、笑ったりすると、横隔膜が収縮するため、内臓へのマッサージ効果があることをご存知でしょうか。これによって血行が良くなるため、新陳代謝が活性化され、結果として免疫細胞の活性化につながります。また、楽しく歌ったり笑ったりすることにより、副交感神経が刺激されて脳からβ-エンドルフィンが分泌されます。これが免疫細胞を活性化するので、笑ったり、カラオケで歌ったりすることは健康によい、と言われるのですね。

11月の営業日程について

こんにちは。肩こり、腰痛治療が得意な筑紫野市のくまがい整骨院の熊谷です

 

 

11月になり朝晩がかなりさむくなってきましたが体調はいかがですか?

 

 

 

気温の寒暖の差が大きいと体調を崩しやすいので気をつけましょう

 

 

11月の営業日程について

11/26(日)は研修参加のためおやすみいたします

 

 

受付時間

9:00~12:00

14:30~20:30

(土日祝日は17:30まで)

定休日 火曜日

 

 

29.11月健康だより

将棋にも健康効果!?


 中学生棋士で公式戦最多連勝記録を更新した藤井四段の活躍もあり、今年大ブームになった将棋。習い事として将棋を指す子供が増えたり、映画やアニメの放映もあり、これまで将棋に縁がなかった世代にも広まりました。そして将棋の健康効果を研究する取組も始まっています。海外の研究ではチェスの認知症予防効果が確かめられているそうですので、将棋にも期待できそうですね。
 11月17日は将棋の日。将棋好きだった徳川吉宗が11月17日を御前将棋の日と決めたことに由来しています。頭の体操に指してみてはいかがでしょうか。

 

ゆず湯


 冬至のゆず湯には、冬至と「湯治」とをかけて、ゆずに「融通がききますように」という願いが込められています。実際の効能として、お湯に溶けだしたゆずのビタミンCには美肌効果が、独特の香りにはリラックス効果が期待できます。

 

漢字小話



【音読み】マツ、バツ
【訓読み】すえ
【部首】木(き)
 「木」の上の方に横棒を加えて、“端っこの方”を表すことから転じて、「末端」「末席」など“本体や中央から離れた部分”“重要でない部分”を指します。また、「年末」「週末」など“ひと続きのものの終わりの部分”をいうことも多いですが、「末は博士か大臣か」のように“将来”を指して使うこともあります。
 来年は2018年。「八」は“末広がり”として縁起がよいとされています。

 

骨盤をぐっと前へ予防体操で負担を軽く 

  
 普段のデスクワークやスマホの使用で前かがみの姿勢が続くと、気がつかないうちに腰に負担がかかってしまいます。
 長い時間座るのがつらくなったり、猫背になる前に簡単な体操で予防しましょう。
☆やってみよう☆
肩甲骨を寄せる

両手をできるだけ近づける

足は肩幅より少し広めで平行に開く

息を吐きながら3秒間腰を反らす

あごは上げない

胸を開く

骨盤を前へ入れるイメージ

※痛みやしびれが出たら中止してください。

 

院長からのお知らせ


安全で安価の医療を
皆さんが整骨院で使われる保険施術(療養費)は、増え続ける国民医療費のうちの、わずか1%。また副作用などはほとんどありません。
私たちは、皆さんの健康のため、今後も安全で安価な治療を行っていきます。
初めての来院時と月初めには保険証をご提示ください

 

知ってますか?正しい手洗いの仕方

 手洗いはインフルエンザやノロウイルスなどの感染症に対して、個人でできる大事な予防対策の一つです。1回の手洗いにかける時間は少なくとも30秒以上が効果的ですが、消費者庁の調査では、「5~10秒」が39.7%、「30秒以上」は7.2%と少なくなっています。つい手を抜いてしまいがちな手洗いをもう一度、見直してみましょう。

手洗いの手順

1.流水で手をぬらしたあと、せっけんをつけ、手のひらをこする
2.手の甲を洗う
3.指先・爪の間を念入りにこする
4.指の間を洗う
5.親指をねじり洗いする
6.手首も忘れずに
7.水できれいに流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭く

 

ちょっと待って!それ、詐欺です

 年々手口が巧妙になる特殊詐欺。だまされて被害に遭わないためにもどんなものがあるのか、どのように対策すればよいかを紹介します。
 特殊詐欺は、振り込め詐欺、架空請求詐欺、還付金詐欺などの詐欺の総称で、特に被害の多いこの3つについて知っておきましょう。

振り込め詐欺
被害者の家族になりすまして現金を振り込ませるもの。かつての「オレオレ詐欺」。息子、息子の上司、警察、被害者、弁護士など登場人物が複数になる手の込んだものも出てきています。
対策:家族と直接連絡が取れる手段を用意し、事実関係が確認できるまでは支払わないようにしましょう。

架空請求詐欺
利用した覚えがありそうでないサービスの料金を請求し支払わせるもの。ほとんどは無視してもよい。動画サイトなどが多く、請求額が支払える範囲の金額なので支払ってしまいエスカレートすることもあります。
対策:メールや手紙などの連絡先には連絡せず、会社名をインターネットで検索するなどで詐欺でないかを確認しましょう。

還付金詐欺
役所など公的機関の職員を名乗り払い過ぎた医療費の還付があるなどと言い、被害者にATMを操作させお金を振り込ませるもの。ATMの操作に慣れない高齢者が狙われることが多い。
対策:医療費などの還付金がATMで支払われることは絶対にありません。日頃からご家族の方などが注意喚起しておくことが第一歩です。

 とにかく、「現金送って」や「ATMで返金」はまず詐欺だ、と思うことです。