「温泉の効果をおうちでも再現!」

寒い季節になると恋しくなるのが「温泉」。家のお風呂とは違う、広々とした湯船にゆったりと入る解放感は格別です。

 

温泉は、古くから病気の療養や戦の疲れを癒やすために使われていました。現代でも温泉の効果については科学的に実証されており、たくさんの人が様々な目的で訪れています。

 

「なんだか最近疲れが抜けない」

「ストレスを感じることが増えた」

こんな方は、温泉に出かけて日ごろの疲れを癒してみるのもオススメです。

 

 

 

 

 

ただ、おうちの近所にあるならまだしも、温泉というのはなかなか気軽に行けるものではありませんよね。さらに人が多すぎて、疲れを癒やすどころではないということもありえます。

そこで、自宅で簡単に温泉の効果を受けられる方法をご紹介します。大きいお風呂による開放感はありませんが、それでも十分なリラックス効果が得られるはずです。

 

最も手っ取り早い方法は、じっくりと湯船に入浴することです。大体40~42℃のお湯に20分ほど浸かるようにしましょう。

 

じっくり湯船に浸かって体温を上げると、「ヒートショックプロテイン」と呼ばれるたんぱく質が生成されやすくなります。この物質が、リラックスや疲労回復を始めとした様々な効果をもたらしてくれるのです。

 

自分の平熱から1.5℃ほど上がった状態が最も良いと言われています。より厳密に測るのであれば、入浴後に舌下温を測りましょう。深部体温をチェックすることができます。

 

この方法は、温泉に毎日入らないと同様、毎日行う必要はありません。「今日は疲れたな」と感じた時には、是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA