腰椎変性すべり症

症状

この病気では腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出ます。

少ない距離なら歩けるのですが、立ったり・歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなります。けれども、少ししゃがんで休めば楽になって、また歩けます。

歩ける距離は日によって違いますし、患者さんによっても異なります。腰痛(腰のベルトが当たるあたり)は比較的少なく、全く腰痛がない患者さんもいます。

原因と病態

腰椎には馬尾神経を入れた硬膜管が通っている孔があり、これを脊柱管といいます。

「すべり症」では腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて症状が出ます。

診断

腰椎の「ずれ」についてはX線(レントゲン)検査で診断します。

腰椎を前後に曲げた状態での撮影で、よりはっきり診断がつきます。

MRIによって神経の圧迫の程度がわかります。

腰の痛みやの悩みを解決したい方はここをクリックまたはタッチ