24時間いつでもネット予約

日常

意外と知らない食事のマナー

意外と知らない食事のマナー
結婚式など人前で食事をする機会が増えるこの季節。大事な食事の席でのマナー違反は恥ずかしいもの。周りの人と気持ちよく食事をするためにマナーのおさらいです。
よくある「勘違いマナー」
和食
× 料理を口元まで運ぶ時に手を食べ物の下に添える。
○「食べ方が下手だ」とアピールしているようなもの。汁などが落ちそうな時は取り皿や蓋を受け皿にする。
× 箸置きがない場合は箸を食器の上に置く。
○ 料理の上をまたぐという失礼な意味になるので、盆がある場合は左ふちに箸先を置くか、箸袋を二つに折って箸置きを作る。
洋食
× コーヒーや紅茶は片手を底に添え両手で飲む。
○ カップに手を添えると「ぬるい」というサインになるので片手で飲む。
× 食事を終えたらナプキンをきれいにたたむ。
○ ナプキンをたたむのは「おいしくなかった」というサイン。クシャッと丸めてテーブルに置く。
食事のマナーを守り、楽しいひとときを過ごしましょう。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。