「疲れやすい春には『爪揉み療法』手軽な体調の整え方」

春は疲れやすい季節です。でもこの季節は過ごしやすいはずなのになぜだろう?と疑問に思う人もいるかもしれません。それには、気圧と自律神経が関係しています。

 

 

 

 

 

 

自律神経とは私たちの意思とは関係無い、体の活動を司っている神経のこと。緊張させる働きを持つ「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」で構成されています。

 

この自律神経はストレスや環境の変化に敏感です。春は気圧の上下が激しい季節ですが、その気圧にも強く影響を受けます。高気圧が上空にあると交感神経が、低気圧があると副交感神経が強く働きがちになるのです。

 

自律神経が乱れると、だるさや眠気、やる気が

出ないといった症状が出て、体調不良になりやすくなります。逆に言うと、自律神経を整えれば症状が緩和される可能性も高いということです。

 

そんな自律神経の乱れを整えるためにオススメなのが、「爪揉み療法」です。やり方はとても簡単で、小指の爪の生え際を、1日2〜3回20秒ずつ反対の親指と人差し指で押し込むだけ。

 

小指には自律神経のネットワークが集中しており、自律神経のバランスを整える他、不眠、肩こりなどさまざまな効能があります。そして薬指は交感神経、中指は耳鳴り、人差し指は胃腸、親指はアトピー、に効果があるといわれています。自律神経の乱れそのものだけでなく、それによって耳鳴りや胃腸の不調などが出ているのであれば、不調そのものにアプローチすることが可能です。

 

何もつけないで行ってもOKですが、ハンドクリームや肌につけられるオイルなどを利用するのもオススメです。好きな香りのものを使えばリラックス効果も生まれて一石二鳥!仕事や家事の合間にさっとやるだけで効果がありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA