「気にしてますか?お酒との付き合い方」

「気にしてますか?お酒との付き合い方」

12月からは忘年会や新年会などお付き合いでの席や、クリスマスやお正月のような家族での集まりなど、何かとお酒を飲む機会が多い季節に入ります。連日飲みすぎて毎日二日酔い・・・と感じている方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

本格的にお酒を飲み始める前に、お酒との付き合い方を見直して、元気にこのシーズンを乗り切りましょう!

 

 


寒い時期になると不思議と食べたくなってくるのが、肉や揚げ物などの脂っこい食べ物。冷たいビールと一緒に食べると美味しいですよね。宴会のコース内容に入っているお店多くあります。ただ、実は冷たいビールと脂の多い食べ物の組み合わせは、便秘の原因となることも。

 

 

 

脂っこい食べ物を食べた胃の中は、脂の膜が胃全体に張られている状態です。そこに冷たい飲み物を入れると、脂が固まります。お皿の上で脂が白く固まっているのと同じです。

 

 

 

脂が固まってしまうと老廃物を排出する働きを
している繊毛運動の妨げとなり、排泄が上手く行われなくなってしまいます。

 

 

 

便秘ぐらい・・・と考えてしまいますが、便秘は二日酔いの一因とも考えられています。もし一緒に食べたのであれば、スープやお茶などでしっかりと温めてあげることが大切です。

 

 

 

また、宴会の席でなくても、お燗の日本酒やお湯割りを寝酒にしてる人もいるのではないでしょうか。お酒には体温を上げたり脳の覚醒を抑えたりする働きがあるため、寝入りはよくなります。

 

 

 

しかし実は、眠りが浅くなったり、夜中に目が覚めたりする原因になることも。その理由は呼吸がしづらくなることにあります。決して寝酒が悪というわけではありませんが、量を控えたり直前は避けたりなどの工夫をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA