「温かい食べ物中心の生活に切り替えて『秋バテ』解消!」

「温かい食べ物中心の生活に切り替えて『秋バテ』解消!」

夏に不調を起こす夏バテという言葉は広く認知されていますが、実は同じような体調不良は秋にも起こりやすいということをご存知ですか?その不調には「秋バテ」という名前がつけられています。何となく食欲が出ない、胃の調子が悪い・・・そんな不調は秋バテの可能性大です。

 

 

 

実は秋バテに悩まされている人は、意外と多いと言われています。この時期特有の日中と夜間の温度差で秋バテを起こしてしまう人もいれば、夏バテや夏の習慣を引きずってしまったために秋バテになる人など、その原因は様々です。

 

 

 

例えば夏場に冷たいものばかり食べていた人は、夏の間はあまり不調が見られなかったのに、この時期になって急に胃の不快感や食欲不振を覚えることがあります。

 

 

 

冷たい食べ物は内臓に負担をかけ、その結果余分な水分を体内に蓄積させてしまいます。汗を頻繁にかく時期であればその余分な水分は排出されますが、気温が下がると汗が出なくなるため、なかなか水分が排出されにくくなるのです。

 

 

その溜まった水分が秋バテを引き起こします。水分を溜め込まないために、もしくは秋バテで不調に陥った胃を回復させるためには、食生活を「温かい食べ物中心」に切り替えることが重要です。

 

 


さすがにこの時期になると冷たいものばかり食べている人は少ないと思いますが、温かい食べ物を積極的に食べよう!と考えることもまだあまりないのではないでしょうか。食欲不振があるならもちろんですが、冬の冷えに強い身体を作るためにも温かいスープを飲んだり、ご飯をおかゆにしてみたり、温かい食事を取り入れてみましょう。

 

 

 

また、スパイスを取り入れた食事も有効です。身体を温めるスパイスには有名な胡椒や生姜の他にも、山椒やナツメグ、サフランなど様々。ただし摂取のしすぎはNGなので、いつもの料理にさっとかけるぐらいの使用量を心がけてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA