世界糖尿病デー

世界糖尿病デー

糖尿病の実態
11月14日は、国連が定める「世界糖尿病デー」で、日本の各地でもブルーのライトアップで周知の試みがされています。

 

 


2006年の調査によると、日本には「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」を合わせると、人口の10%を超える約1,870万人にもなることがわかりました。また、40歳以上の3人に1人が糖尿病または予備群であるという驚きの事実も判明。糖尿病が原因で亡くなる方も、年間約1万人以上になる中、実際に治療を受けている人は、約247万人にとどまっています。

 

 

 


糖尿病によって引き起こされる合併症発症のケースも多く、死にいたる病という認識は薄いですが、実に危険な病気であると言えます。

 

 


にもかかわらず治療を受ける人が増えないのは、糖尿病には痛みやだるさなどといった自覚症状がなく、本人が気付けないこと、また気づいても「別にいいや」で済ませている場合が多いことなどが挙げられます。

 

 

家族皆が協力する気持ちで
以前は、糖尿病と言えば「不摂生な大人が発症する病気」と思われがちでしたが、現代は生活環境が変化し、誰でも糖尿病になる可能性を持っていると言えます。

 

 


特に、子供の2型糖尿病患者が増えているのはその表れであると言えるでしょう。子どもの食生活・生活環境は大人が作るもの。子どもが好きだからと、偏った食生活を続けたり、ジュースを好きなように飲ませていたりすると、子どもの小さな体はすぐに影響を受けてしまいます。

 

 

 

特に最近は「ペットボトル症候群」と言って、ペットボトル飲料を一気に飲むことにより血糖値が急上昇し、体調を崩すというケースが子供を中心にあるそうです。

 

 

 


大人も子どもも、健康的な食生活と生活リズムを身につけることが大事。それには、本人の努力だけでなく、家族の支えが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA