「秋口は朝晩と日中の気温差に注意しましょう」

「秋口は朝晩と日中の気温差に注意しましょう」

秋は比較的過ごしやすい季節、と考えている方も多いと思います。暑すぎず寒すぎず、確かに体への負担は少なく感じるかもしれません。しかし一日外出をする時であれば、朝晩と日中の寒暖差には要注意です。

 

 

 

特に9月は、日中は汗ばむぐらいの陽気なのに、夜になるとぐっと冷え込むことがあります。夜は帰るだけだから、と日中に合わせた服装をしていると、予想以上の冷えに震える、なんてことも。

 

 

 

その寒暖差は、実は体に着実にダメージを与えています。夏の間に冷房がきいた屋内と暑い日差しが照りつける屋外を行き来することによって「冷房病」になりがちなのと同様に、寒暖差が自律神経に悪影響を及ぼすのです。

 

 

 

もちろん同じような天候の春先にも起こりうることではありますが、秋はどんどん気温と湿度が下がっていきます。そのため、冷えや肌の乾燥などが深刻になっていく可能性があります。まだ比較的暖かい今のうちから、しっかりと対処しておくことが重要なのです。

 

 

まず基本となるのは、やはり気温が下がったときのために羽織ものやストールなどを用意しておくこと。夜の気温に合わせるのは、特に日中出歩くことが多い人は大変だと思いますので、冷えた時のために備えておきましょう。

 

 

 


夜の過ごし方としては、入浴と睡眠の時間をしっかりとることが大切です。入浴は汗が滲むぐらいまでしっかりと湯船につかりましょう。だらだらと汗が出るくらいまで入る必要はありません。設定温度は40℃ぐらいの熱すぎずぬるすぎずの温度がおすすめです。

 

 

 

最近では、一日の寒暖差による体のだるさや不調のことを「秋バテ」と呼び、しっかり対策を行った方がいいという風潮が高まっています。行楽シーズンを元気に過ごすためにも、ぜひ意識してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA