「クーラーと上手に付き合って夏バテを予防」

「クーラーと上手に付き合って夏バテを予防」

暑い日々が続くと、どうしてもクーラーに頼ってしまいますね。日本の夏は高温多湿のため、熱中症にならないためにも暑さを我慢しないことは大切です。でもだからといってクーラーを効かせすぎると、夏バテの原因になってしまうので、注意が必要。夏を健康に過ごすために、クーラーと上手に付き合っていくことが大切なのです。

 

 

 

そもそも、なぜクーラーは夏バテを引き起こすのでしょうか。様々な要因がありますが、その一番の原因は身体の体温調節をしている「自律神経の乱れ」。暑い屋外とクーラーの効いた室内の行き来によって、自律神経が疲れてしまいます。

 

 

 

そこでまず、クーラーの設定温度を見直してみましょう。クーラーの性能やお部屋の広さによっても変わりますが、理想の設定温度は28℃です。暑くならない程度に屋外と室内の気温差をなくすことが大切なんですね。

 

 

 

また、寝るときはクーラーの風が身体に直接あたらないように気をつけてくださいね。冷たい風を浴びたまま寝るのは大変危険ですし、睡眠中の身体の冷えは、睡眠の浅さにつながります。結果、たくさん寝ても睡眠不足になってしまい、夏バテを引き起こしやすくなるのです。寝室ではなく、隣の部屋のクーラーをつけておくのがオススメですよ。

 

 


    

ちなみに、自律神経を回復させたいときには、身体を温めることも効果的です。ゆっくり湯船に浸かり、冷えた身体をほぐしましょう。また、温かい食事でショウガやネギなどを摂ると、身体の芯から温まる効果を得られます。

 

 


一方で、冷たいものを食べ過ぎると身体を冷やすと同時に胃腸の機能も弱まり、夏バテの症状の一つである食欲不振につながります。

 

 

 

クーラーに頼りすぎた生活から抜け出し、自律神経を回復させて、海に山にのレジャーの季節を元気に過ごしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA