「冷やしすぎも暑すぎも禁物!熱帯夜の過ごし方」

「冷やしすぎも暑すぎも禁物!熱帯夜の過ごし方」

だんだんと夜も気温が下がらず、「熱帯夜」が増える時期になってきました。辞書的に言えば、熱帯夜は「25℃以上の夜」のことを指します。しかし湿気や生暖かい風などから、実際の気温以上の体感温度を感じさせるのが日本の夏。暑くてなかなか寝付けないという経験をお持ちの方も多いことでしょう。

 

 

 

実はこの熱帯夜、一歩間違えれば睡眠不足以外の体の不調、病気を招きかねません。例えば代表的なもので言うと「熱中症」。実はこの25℃という気温、熱中症のリスクが発生する気温でもあるのです。なので、できるだけ不快な状態のまま寝ることは避けるようにしたいですね。

 

 

 

とは言え、闇雲にクーラーをつけっぱなしにしたり扇風機の風にあたったまま寝たりして、体を冷やすのも考えもの。程よい対策が重要なのですが、どのような方法があるのでしょうか?

 

 

明日からでも取り入れやすい対処法の一つが、「寝室の隣の部屋のクーラーをつける」ことです。直接的に冷房の風を浴びることがないので、体を冷やしすぎることなく涼しさを得ることができます。

 

 

 

マンションなどの集合住宅であれば、リビングのクーラーをつけたままにして全てのドアを開けておくだけでOK。びっくりするぐらい快適に眠れますよ。

 

 

 

 

 

 

また、就寝時はどのような格好をしていますか?中には暑いからとあまり衣服を身に付けずに寝る人もいるかもしれませんが、実はその方が適切に体を冷やすことができなくなります。寝間着やパジャマを着て寝るようにしましょう。暑くてどうしようもない!という時は、寝具や寝間着の素材を見直してみてください。吸水性や吸湿性に優れている麻、コットン、シルクなどがおすすめです。

 

そして起きた後は、ちゃんと水分補給を忘れずにしてください。寝ている間は意外と汗をかいているものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA