献血はいいこといっぱい

献血はいいこといっぱい

日本赤十字社によると、7月1日から31日は「愛の血液助け合い運動」月間。今回は、献血をした方にはどんないいことがあるのかを調べてみました。

 


☆ ちょっとした健康診断
献血の前は、必ず問診のほかに血圧検査・血液検査(血液型・比重・菌の有無のチェック)を行います。つまり、あなたの血液の状態を知ることができ、無料で健康診断を受けられるようなものなのです。検査に合格すれば、「人様に差し上げても良い血」というお墨付きがもらえて、ちょっと嬉しくなれます。

 

 


☆ デトックス効果もアリ
200ccまたは400ccの全血献血と、血小板や血漿のみを採取してから血液を体内に戻す成分献血があります。何百ccも抜いた無事に家に帰れるかどうか…と心配な方は、成分献血を希望するといいでしょう。
では、全血献血でたくさん血を抜くことは、健康上問題ないのでしょうか?答えは「問題なし」です。むしろ、古い血液を出すデトックス効果があります。デトックスすると新しい血がどんどん作られ、むしろ健康になると言ってもいいほどです。

 

 


☆ その他いろんなメリットが
まず献血ルームは冷暖房完備。待合室にはお菓子やジュースが置いてあり、食べ放題・飲み放題です。また、コミックが置いてあったり、お米や卵などを粗品としてもらえることもあり、お得感満載です。
何より、血液を提供して感謝されるというのが気持ちいいですよね。7月中は全国で献血の呼びかけが増えますから、一度行ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA