夏バテとクーラー病

夏バテとクーラー病

  • 夏バテとクーラー病の違い

「なんとなくだるい」「食欲がない」「やる気がない」といった症状は、クーラー病の症状です。夏バテとそっくりですが、クーラー病と夏バテでは原因が違います。

 

 

クーラー病とは、体が上手に汗をかけなくなってしまい、体温の調節がうまくいかない状態になることです。現代人は、冷暖房の発達により、年中快適な温度で過ごせるようになりましたが、その分、体温を調節する機能が鈍くなってしまいました。そこへきてさらに、冷房の効いた部屋と暑い屋外を行ったり来たりすることによって、自律神経が乱れ、冒頭のような症状が現れるのです。

 

 

それに対して夏バテは、高温多湿な状態への適応障害と言えます。要は、暑さが原因で起こる衰弱です。暑いからといって素麺やアイス、冷たいジュースばかりとっていたり、寝苦しくて睡眠不足になってしまったり…と、体が疲れてうまく機能しなくなることが原因です。

 

 体の冷やしすぎに注意!
たかがクーラー病と思っていても、頭痛や肩こり、生理不順などといった深刻な症状にいたることもあります。まずは過度に冷やそうとしないことです。温かいものを食べる、腹巻やレッグウォーマーで体の熱を保つ、といった対策がおススメです。また、冷房を控えることは夏バテ防止にもなります。外との温度差によって、体に負担をかけないことが大事です。

 


そのときの部屋の温度を「暑い」と感じる人もいれば、「ちょうどいい」と感じる人もいます。体感温度については男女が大きいと言われており、筋肉が少なく脂肪が多い女性の方が、男性よりも体が冷えやすく、「寒い」と感じる傾向にあります。

 


人が大勢いる場所の冷房の設定を変えるときは、その場にいる人に一言断るマナーを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA