「夏を乗り切るための梅雨の時期の過ごし方」

「夏を乗り切るための梅雨の時期の過ごし方」

暑い時期が近づくにつれて心配なのが、元気に夏を過ごせるかどうか、という点です。できるだけクーラーに頼らない生活をしたり、食生活に気を配ったりとさまざまな対策を夏に行うと思いますが、梅雨の時期の過ごし方にも気をつけていますか?

 

 

夏バテを始めとした夏の不調は、まだ暑さが落ち着いているこの時期から体を暑さに慣れさせていくことが重要です。暑いからといって、今から夏と同じように生活をしてしまうと、夏本番の暑さに耐えられなくなってしまいます。

 

まず、夏バテの原因の一つである、アイスなどの「冷たい食べ物」はあまり摂りすぎないようにしましょう。夏本番になってからも控えたいところですが、今のうちから体を冷やすことに慣れてしまうと暑さに耐えられない体になります。

 

 

どうしても暑くて我慢できないときは、キュウリやスイカなどのウリ科の食べ物を少量食べると、適度に体をクールダウンできます。ぜひ試してみてくださいね。

 

同様に、クーラーも控えめにしておきたいですね。冷房ほどではないにせよ、除湿機能でも冷風は出るので、除湿機の利用も視野に入れてください。


ただ、今年は5月から暑い日もあったこともあり、すでにクーラーを使っている人もいると思います。また、職場のクーラーが効きすぎているのに、自分では調節できない、という人も多いでしょう。

 

 

そんな方にオススメなのが、夜の入浴をシャワーで済ませず、ゆっくりと湯船に浸かること。体をしっかり温めることが重要です。ただあんまり長湯しすぎるのは乾燥の原因となりますので、お湯に浸かる時間は長くても20分ぐらいを目安に。

 

 

また、夜明けが早いこの時期の夜更かしはリズムが崩れやすいのでおすすめしません。早寝早起きを心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA