「そのときどきの旬の食べ物で美味しく健康に」

「そのときどきの旬の食べ物で美味しく健康に」

身体は日々の食事によって作られるもの。だから健康を意識するなら、日々の食事の食材選びは重要です。日本は四季が明瞭と言われますが、それぞれの季節に「旬の食べ物」
がありますよね。

 

 

 

例えば、春のタケノコ、夏のトマトやキュウリ、秋のきのこ、冬の白菜などなど。どれもその時期に多く出回り、季節を感じさせると共に、美味しさで魅了してくれます。

 

 

こういった旬の食べ物、実はただ美味しだけでなく、その季節にあった効能が期待でき、しかも栄養価も高いのもポイントです。

春の優しい苦みのある山菜類には冬に溜まった体内の毒素排出作用が、夏の水分の多い野菜・果物は身体の熱をとる作用が、あると言われます。

 


また秋のきのこ類やゴボウなど根菜類は夏に疲れた胃腸を労る作用があり、冬の白菜や大根と言った野菜は加熱して食べると身体を温めてくれる効果があるとされます。

 

そして、もっとも成熟しているタイミング=旬だからこそ、旬以外の時期と比べて栄養価も高くなっているのです。

 

ちなみに、食品は自分が暮らす場所が産地のものを食べた方が、より身体に合うとされます。今でこそ世界中から食品を取り寄せて食べることができますが、そもそもは地元の食品を食べていたもの。だから、身近な地の物の食材だと、身体も栄養を効率よくとりやすいのだとか。

 

ミネラルウォーターにもミネラルの多い・少ないで硬水・軟水がありますが、日本のお水は軟水です。なので、身体に負担少なくお水を飲みときは、軟水がおすすめ。一方で、胃腸に刺激を与えたいなら、硬水をたまに飲むのもありですよ。

 

 

さて、今月6月の旬の食材と言えば何かおわかりですか?夏へと季節が変わりゆく6月は夏野菜のはしりが出回ります。きゅうり・ピーマン・トマトにいんげんや枝豆などなどですね。湿気と暑さに負けないためにも、夏野菜料理を楽しんで、美味しく健康的に過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA