健康ニュース

梅雨は梅干しが大活躍

梅雨は梅干しが大活躍

☆ 「梅雨」の語源
梅雨の語源は諸説あるそうです。ひとつは、黴(かび)が発生しやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、「黴」ではあまり美しくないので「梅」に変えられた、というもの。確かに「カビあめ」のままだったら嫌ですね。そしてひとつは、6月は梅の実が熟す季節であることが語源とする説。毎日雨が降るから「毎」という字があてられた、という説もあるそうです。

 

☆ この時期、梅干は欠かせない!
単なる当て字であったとしても、この時期には本当に梅干が活躍します。梅雨時期には食中毒も多発しますが、それは湿気が多くて菌が繁殖しやすいだけでなく、湿度と気温の上昇により胃酸の分泌が抑えられ、胃酸の殺菌効果が弱まることも原因なのです。梅干は、胃酸の分泌を促すだけでなく、食中毒の原因となる細菌の増殖を抑えます。つまり食べ物が腐るのを遅らせる効果があり、湿気の多い季節にはうってつけの食材です。お弁当はもちろん、毎日の食事の際にも梅干を一個つまんで、元気に梅雨を乗り切りましょう。

 

 

☆ 梅干を使ったレシピ
鶏ささみ100gを、薄口しょう油大さじ1・みりん大さじ2を混ぜたタレに漬け込んだ後、強火で蒸してさきます。それを、千切りにし塩もみしたきゅうりと、種を除いてみじん切りにした梅干と混ぜ合わせれば、さっぱり梅干和えのでき上がり!

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

予約カレンダー

2022年8月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
×
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
2022年7月