梅雨も熱中症対策

梅雨も熱中症対策

梅雨の熱中症の実態
毎年夏になると、「熱中症の症状で○人が搬送され…」というニュースを耳にしますね。年間で、熱中症による搬送者が最も多いのは、真夏の40度近い気温の日ですが、次いで多いのは、梅雨の合間や梅雨明け直後の晴天の日だそうです。熱中症は、汗をかくことにより、体の水分や塩分が急激に失われることによって発症します。消防庁などがこまめな水分補給・塩分補給を呼びかけるのはそのためです。

 

 


ではなぜ、梅雨の時期にも真夏と同程度、またはそれ以上の熱中症発症者が出るのでしょうか?

 


人間の体は、外気温に関係なく36度前後の体温を保っています。これは自律神経のおかげなのですが、この自律神経のはたらきも常に万全ではなく、急に暑くなったり寒くなったりすると、すぐに適応できなくなることがあるのです。そのため、夏本番はすでに暑さになれていますが、本格的に暑くなる前の梅雨の時期に、急に気温が上がると、体が適応できなくなるのです。まだまだ6月だから熱中症なんて…と油断するのは危険。急に暑くなったり、湿度で体内に熱がこもったりすることがありますので、充分注意しましょう。

 

 

 

体を慣らしておきましょう
近年熱中症が多発している原因のひとつに、「都市化」によって私たちの体が暑さに順応しにくくなっていることが挙げられます。
暑い日でも冷房が効いた部屋で一日中過ごしたり、普段から体を動かす習慣が少なかったりすると、汗腺の働きが低下し、うまく汗をかけなくなります。梅雨入りの頃から、うまく汗をかけるよう体を慣らしておきましょう。

 

 


まず、日頃からウォーキングなどの運動や入浴などで汗をかく機会を増やしておきましょう。汗で水分が出れば、血液が濃くなりますので、水分は「早め」に「こまめ」に補給しましょう。発汗がスムーズだと、突然の気温の上昇にも対応しやすいので、熱中症にもかかりにくくなります。

 


また、温度の変化は感じやすいのに対し、湿度の変化は気付きにくいことがあります。部屋に湿度計を設置し、定期的に湿度をチェックするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA