「なんとなくやる気が出ない時に摂りたい栄養素とは」

「なんとなくやる気が出ない時に摂りたい栄養素とは」

「やる気が出ない」と言うと「怠けてる」だったり「だらしがない」という印象を持たれがち。「やる気」は目に見えるものではないので、ただだらけたいだけなのか、それとも本当はやらなければいけないと気付いているのに体が動かないのか、周りの人間が判断するのは難しいことです。

 

だから無理矢理にでも体を動かそうとする人は多いのですが、ちょっと待って。もしかするとそれは、体が出しているSOSかもしれません。心の問題と考えがちですが、心も体の一部。単純に体を動かすためのエネルギーが不足しているから、やる気が出ない可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

そんな時は、エネルギーの摂り方を見直してみましょう。特にエネルギーを作るための栄養素である「糖質」「タンパク質」「脂質」の摂り方は非常に重要です。

そしてその栄養素を効率よくエネルギーに作り変えるために必要なのが、「ビタミンB1」。ビタミンB1は糖質をエネルギーに分解する働きを持っています。さらに疲労を感じる原因となる乳酸を排出する役割も持っているので、毎日を元気に過ごすために欠かせない栄養素なのです。

 

ビタミンB1は、豚肉やうなぎ、たらこなどに多く含まれています。たらこはたくさんの量を食べることが難しく、うなぎは時期によっては手に入りにくいので、豚肉で摂るとよさそうですね。

 

さらに、ビタミンB1の働きをより効果的にするためには、「アリシン」が多く含まれている食材を組み合わせることをおすすめします。アリシンはビタミンB1と結合することで「アリチアミン」に変化し、ビタミンB1の吸収率を数倍に高める効果を持っているからです。

 

アリシンはネギの仲間、すなわち長ネギ、玉ねぎ、ニラ、ニンニクなどに多く含まれています。比較的組み合わせやすい食材なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA