コロナ感染防止対策 マスク着用、手洗い、換気

健康ニュース

「体を支える骨盤のゆがみを改善する」

「体を支える骨盤のゆがみを改善する」

以前、「体のゆがみ」に関するお話をいたしました。同じ側でばかり脚を組んでる場合は組み方を変えてみるなど、日常生活の意識を少し変えてみることが重要だとおすすめしましたが、実践いただけましたでしょうか?体のゆがみやすい箇所には首や腰がありますが、その脚の組み方によってゆがみやすい場所が、「骨盤」です。

骨盤は上半身と下半身の間にある、この2つをつなぐという重要な役割を持っている箇所。つまり骨盤が歪んでいると、身体全体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

骨盤のゆがみがあるかどうかは簡単にチェックすることができます。一人でわかることもありますが、誰かに見てもらった方がわかりやすいので、一緒にチェックし合ってみてください。

まず、自然な状態で仰向けに寝てください。どこにも力を入れず、まっすぐに横になることが重要です。そして注目すべきは、左右の足。もしどちらかの足がもう片方の足より外側に開いていれば、その開いている方に骨盤がゆがんでいるということです。

開き方が違えば違うほど、ゆがみがひどいと言えます。骨盤のゆがみは股関節痛や腰痛などの関節痛のみならず、冷えやむくみ、そして肥満などにも影響が及ぼします。これからご紹介するストレッチで、改善していきましょう。

◎骨盤のゆがみを改善・予防するストレッチ

あなたの足の開き方はどうでしたか?もし気になるほど左右差があれば、次の骨盤のゆがみを直すストレッチを試してみてくださいね。行うときはできるだけ広い場所が望ましいです。

まず、脚を前に伸ばして座ります。骨盤のゆがみチェックでより開いていた方の脚をもう片方の脚の上に乗せ、脚を交差させてください。そして下になっているのが右脚なら右に、左脚なら左に両腕を振ります。その反動でお尻をすりながら、脚が上になっている側のお尻を1歩前に進めます。次は逆に両腕を振り、反対側のお尻をすりながら1歩進みます。これを合計3歩行ってください。

そして今度は下になっている脚の方に両腕を振った反動で、そちら側のお尻を1歩後ろへ下げます。これも次に反対側を行い、合計3歩下がります。1日1回これを行うだけで、10日ほどで効果が出てくるはずです。脚の組み方を反対にすると悪化してしまうので、気をつけてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

予約カレンダー

2022年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年6月