いい靴といい付き合いを

いい靴といい付き合いを

 

 

3月は入学や入社、転勤など、新しい生活に向けての準備をする時期でもありますね。スーツや制服を買う際には、きちんと試着をし、着心地がいいかどうかしっかり検討すると思いますが、靴選びはどのようになさっていますか?

 

  • 最も重要なのは土踏まず

靴を試着する際に、いちばん最初に確認していただきたいのは「土踏まずがしっかりサポートされている感覚があるかどうか」です。土踏まずの下に隙間がある、スカスカしている感じがするようなものは体重を支えてくれませんのでNGです。そして、土踏まずが気持ちいいと感じる限り、できるだけ幅の細い靴を選びます。「気持ちいいと感じる限り」がポイントです。きついなぁ、と思うものはダメですよ!

 

 

  • 靴底の柔らかさもチェック

次に、靴底の柔らかさをチェックします。足にフィットさせるためには、靴底全体が柔らかい方がいい、と思っている人も多いようですが、そんなことはありません。あまり柔らかいと、土踏まずをしっかり支えてくれなくなりますので、ある程度の堅さも必要です。

 

 

また、足の裏で曲がるところはどこでしょう?指の付け根部分だけですよね。土踏まずやかかとが反り返る人はいません。なので、上の図のように、足の指の付け根部分が適度に曲がるかどうかをチェックするといいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA