当日予約もOK!土日祝も17:30まで

健康ニュース

季節の変わり目は要注意

季節の変わり目は要注意

 

体が対応しきれない!

人の体温は、真冬でも真夏でも、36度前後に保たれています。当たり前ですが、よくよく考えてみるとすごいことだと思いませんか?

なぜこんなすごいことができるのかというと、外の気温を肌が感じて、例えば「寒い」となれば脳がその情報を受け取り、自律神経を介して全身に「身体を寒さから守れ!」と命令を出します。すると、血液は収縮して熱を逃がさないようにし、体内に蓄えられている糖分や脂質が燃やされて熱をつくります。それらの働きにより、「寒くてもちょうどいい体温」になれば、今度はそれを保つための働きをするような指令が出される、という具合です。つまり自律神経が指揮官となって、体中の器官に対して、体温を保つための働きをさせるのですね。

季節の変わり目は、1日1日、また1日の中でも時間ごとに、暖かくなったり冷え込んだりします。そんな温度変化の激しさに、自律神経がついていけなくなると、体温調整がうまくいかなくなり、免疫力や抵抗力の低下につながって、風邪などさまざまな病気にかかりやすくなる、というわけです。

 

 

 

◆ 簡単にできる体調管理法

では、この時期の過ごし方としてどんなことに気を付けたらいいのでしょうか?

まずは、体が体温調整に四苦八苦しているのですから、手助けをしてあげましょう。寒いと思ったら一枚着る、暑いかなと思ったら脱ぐ。とても簡単なことですが、エアコンの温度調整に頼り切ってしまって、服で温度調整することをサボる方は案外多いものです。お出かけの際には、上着を1枚余分に持っていき、暑くなった時にも対応できる服装を心がけましょう。また、自律神経が慌ただしくしているのですから、必要以上の負担をかけないこと。食事はスパイシーなものを控え、極力薄味で。刺激物は交感神経を刺激するので避けた方が無難です。

また免疫力が弱まっているときは、アレルギー物質に対して過敏になりますから、花粉を室内に持ち込まないようにするだけでな

く、こまめにホコリをふき取ることも、地道ではありますが大事なポイントです。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

予約カレンダー

2022年12月
    
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年11月