大掃除でストレッチ!

大掃除でストレッチ!

寒い時期に大掃除を始めるのは億劫ですが、「家がきれいになる」以外に「シェイプアップできる」という効果もあれば、頑張れるのではないでしょうか?

 


♪ まずは窓磨きで脇腹スッキリ
① 足を肩幅に開きます。
② 手にぞうきんを持ち、限界まで腕を伸ばします。
③ 肩からまわしながら、反対側の方向へ手を伸ばし、窓を磨きます。15秒
ほどかけて、脇腹が伸びるのを感じながらゆっくりと行います・
④ 反対の腕も同様に。
⑤ 左右5回ずつ行いましょう。
左右交互に行います。脇腹から伸びているのを感じながら行うと効果的。


♪ 床を磨きながら足を鍛えます
① ひざを床につけずにしゃがみこみ、ぞうきんを持っている方の手をできるだけ前に伸ばします。持っていない方の手は膝に添えます。
② 弧を描くようにぞうきんがけしながら、前へ歩きます。
③ 5歩進んだら、ぞうきんを持つ手を変えます。
④ フローリングの部屋や廊下がきれいになるまで頑張りましょう。
この運動はややハードなので、筋肉体力に自信のある方におススメです。

旬の食材レシピ レモン

旬の食材レシピ レモン

国産レモンの旬は12月~1月。あの酸味、たまに欲しくなりませんか?

 


【レモンの効用】
レモンと言えばビタミンC。1日1個食べればビタミンC不足になることはなく、風邪が予防できるだけでなく、シミやそばかすといったお肌のトラブルも防いでくれます。二日酔い改善や疲労回復にも効果的です。

 


【レモンで脱マンネリ化!白身魚のレモンカレーソース】
 材料 …白身魚・2切れ たまねぎ・1/4個 レモン薄切り・3切れ
     塩・こしょう・バター 各適量
A(レモン汁・1/2個分 マヨネーズ・大さじ2 カレー粉・小さじ1 サワークリーム・大さじ2 白ワイン・大さじ1/2)
つくり方
1. 耐熱皿にバターを塗り、薄切りにした玉ねぎと白身魚をのせて塩こしょうをふる。
2. Aの材料を混ぜ合わせ、1にかける。
3. レモンの薄切りをのせて、200℃に熱したオーブンで15分前後焼く。
4. できあがり。パセリを散らすとオシャレになります。
カレー粉とレモンの相性がよく、パンだけでなくご飯にも合います。

冬太りしない宣言!

冬太りしない宣言!

なぜ太っちゃうのか
冬に太ってしまう原因は二つあります。まず一つ目は、特に年末年始にかけて、食べる機会が増えることです。クリスマスケーキを食べて、忘年会でお酒を飲み、紅白歌合戦を見ながらお菓子をポリポリ、年が明けたらお正月番組を見ながらおせちにお雑煮に…
「年に一度のイベントだから」「こういう時は我慢しちゃダメ」なんて自分を甘やかしていると、お腹周りのおニクとなって返ってきますので、楽しみつつも食べ過ぎず、が大原則です。

 

 


また、冬はなるべくコタツの中でゴロゴロしていたいもの。そんなぐうたらな生活が引き起こすのが「運動不足」です。日常の中でも、少し歩けば行ける場所にも車を使ってしまったり、ちょっとした買い物もネットで済ませてしまったりしていると、体を動かす機会を失ってしまい、どんどん運動と疎遠になっていきます。

 

 


意識的に歩く。車は使わない。その二つの心がけだけで、運動量は大きく変わります。

 

 

「宣言」で自分を追い込む!

ダイエットの天敵は誘惑ですよね。おいしそうなケーキに目がくらんだときも、お友達に「私もデザート食べるから一緒にどう?」と言われたときも、あなたの意志が固いままでいられるように「私痩せるわ!」宣言をしましょう。

 

 

 

単に「ダイエットする」と言うだけでなく、

 

 

「お正月が明けても今の体重をキープする」

 

 

「3月までに2キロ減らす」

 

 

「独身の時に着ていたあの服を、1年以内にあなたの前で着て見せる」

 

などなど、できるだけ数字や期間、服やベルトなどの特定のものを提示して、具体的に宣言するといいでしょう。

 

 

 

言ってしまったからには、やらざるを得ません。お菓子を目の前にしても、「宣言しっちゃったからなぁ…」と、あなた自身が

あなたにストップをかけてくれるようになります。結果が出てくると楽しくなってくるので、我慢は最初のうちだけです。

「『寝ながらストレッチ』で腰の痛みを緩和&脚のむくみとり」

「『寝ながらストレッチ』で腰の痛みを緩和&脚のむくみとり」

腰痛の対処法として、様々な方法をご紹介してまいりました。ストレッチや支えるための筋肉をつけるための筋トレ、ツボ押しなど、ご紹介した内容は多岐に渡りますが、「そのような場所はとれない」「そんな時間はない」という方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

特にストレッチは、ゆっくりと行わないといけない運動だからなかなか始めにくい、という意見をよく耳にします。確かに、10回前後の運動を3~5セット繰り返すことを奨励されているので、ちょっとした隙間時間に行うということは難しいかもしれません。

 

 

 

そんな忙しい人におすすめしたいのが、「寝ながらストレッチ」です。

 

 

 


寝ながらストレッチとは、その名のとおり布団やベッドに横たわりながらできるストレッチのこと。寝る前のちょっとした時間を利用して、腰の筋肉をほぐしたり、脚の冷えやむくみをとったりすることができます。

 

 

 

一般的なストレッチに比べると身体への負荷がかなり小さくなっているため、老若男女どんな人でも今日から試すことができます。また、負荷が小さいストレッチは筋肉に無駄な力を入れることがないため、副交感神経のバランスを整えてくれます。まさに寝る前に最適の運動というわけです。

 

 

 

それでは、腰の痛みを和らげる寝ながらストレッチをご紹介しましょう。仰向けに寝て、軽く両膝を立てます。腕は力を入れずに脇に置いてください。その状態で、腰を床にこすりつけるように左右に動かしましょう。時間は30秒ほどで構いません。効果を感じにくい時は、お好みで長くしてみてください。これだけで腰のかたまった筋肉をほぐすことができます。

 

 

 

次に、脚の冷えやむくみをとるストレッチです。同じように仰向けの状態で両膝を立て、手を脇に置きます。そして片方の脚のふくらはぎの外側が、反対の脚のひざの部分にあたるように脚を組みましょう。そのまま上の脚のひざから下をブラブラと上下に揺らしてください。30秒ほど行ったら反対でも同じことを。この時、脚には力を入れずに自然にブラブラさせるようにしましょう。このストレッチで、すねの筋肉をほぐし血液や体液の循環を活性化させることができます。その結果、むくみ解消につながるのです。

 

 

 


どちらも力を入れずにリラックスして行うことが大切。ぜひ今夜、やってみてくださいね。