「腰痛や腰のだるさには、腰を伸ばすストレッチを」

「腰痛や腰のだるさには、腰を伸ばすストレッチを」

腰は上半身を支えると同時に、下半身の動きにも関わる、身体全体の要所と言えます。できるだけ痛めないようにしたいところですが、負担がかかっている分痛めやすい箇所とも言えるでしょう。

 

 

◎腰痛の原因は人それぞれ
一口に腰痛と言っても、その原因はさまざま。単純に腰の筋肉が疲労して痛みとなってあらわれている人もいれば、過去のぎっくり腰などの怪我が原因となっている人もいます。中には十二指腸やすい臓などの内臓の病気が関わっていることもあるので、ひどい腰痛のときはまず医療機関で精密検査を受けることも重要です。

 

 


   


一方、内臓や骨・関節に異常がないのに痛むなら、筋肉の疲労やこり、または姿勢が腰痛の原因である可能性が高いです。その場合は、ストレッチでこりをほぐし血行を促進させることによって腰痛を改善することが可能になります。

 

 

 

 

腰痛に悩んでいる人は、腰だけでなく背中もこっていることが多いもの。また、腰痛をかばって上半身の姿勢が悪くなると、股関節にも影響が出てきます。そのような人は、腰を伸ばして血行を改善してもすぐに元に戻ってしまうので、併せて背中・股関節のストレッチも行っていきましょう。

 

 

◎なぜストレッチが腰痛改善に効果的なのか
運動をしていないと腰痛持ちになりやすいですが、だからと言って腰痛を持っている状態で急に激しい運動をするとかえって腰を痛めることにもなりかねません。その点、ストレッチは軽めの運動なので、腰に負担をかけることもありませんし、万が一痛みが悪化してもすぐにやめて休むことができます。
   

 

 


ストレッチを行う時間としては、身体が温まっている入浴後がいいでしょう。血行がよりよくなり、こりもほぐれやすくなります。そして、お風呂からあがる時間が就寝の1時間前だとなおベターです。それからゆっくりストレッチを行えば、心地よい疲労感が良質な睡眠にもつながります。深く眠ることができれば睡眠中の身体の修復機能もよく働くので、痛みの改善も期待できます。

 

 

 

忙しい毎日を送っているとなかなか時間を取るのが難しいかもしれませんが、仕事や家事の効率も改善されると思いますのでぜひ意識してみてください。

 

 

 


もしストレッチを行っていくなかでより痛みが酷くなったり手足のしびれを感じたりすれば、それは病気のサインの可能性が高いです。すぐに医療機関や身体の専門家に相談してくださいね

「クーラーと上手に付き合って夏バテを予防」

「クーラーと上手に付き合って夏バテを予防」

暑い日々が続くと、どうしてもクーラーに頼ってしまいますね。日本の夏は高温多湿のため、熱中症にならないためにも暑さを我慢しないことは大切です。でもだからといってクーラーを効かせすぎると、夏バテの原因になってしまうので、注意が必要。夏を健康に過ごすために、クーラーと上手に付き合っていくことが大切なのです。

 

 

 

そもそも、なぜクーラーは夏バテを引き起こすのでしょうか。様々な要因がありますが、その一番の原因は身体の体温調節をしている「自律神経の乱れ」。暑い屋外とクーラーの効いた室内の行き来によって、自律神経が疲れてしまいます。

 

 

 

そこでまず、クーラーの設定温度を見直してみましょう。クーラーの性能やお部屋の広さによっても変わりますが、理想の設定温度は28℃です。暑くならない程度に屋外と室内の気温差をなくすことが大切なんですね。

 

 

 

また、寝るときはクーラーの風が身体に直接あたらないように気をつけてくださいね。冷たい風を浴びたまま寝るのは大変危険ですし、睡眠中の身体の冷えは、睡眠の浅さにつながります。結果、たくさん寝ても睡眠不足になってしまい、夏バテを引き起こしやすくなるのです。寝室ではなく、隣の部屋のクーラーをつけておくのがオススメですよ。

 

 


    

ちなみに、自律神経を回復させたいときには、身体を温めることも効果的です。ゆっくり湯船に浸かり、冷えた身体をほぐしましょう。また、温かい食事でショウガやネギなどを摂ると、身体の芯から温まる効果を得られます。

 

 


一方で、冷たいものを食べ過ぎると身体を冷やすと同時に胃腸の機能も弱まり、夏バテの症状の一つである食欲不振につながります。

 

 

 

クーラーに頼りすぎた生活から抜け出し、自律神経を回復させて、海に山にのレジャーの季節を元気に過ごしていってくださいね。

夏の履物、どうしてる?

夏の履物、どうしてる?

♪ 夏の履物の選び方
余計な力を入れずに履いて歩ける点、足にかかる衝撃を吸収する点は、大人の靴も子供の靴も重要なポイントです。サンダルはクッション性があり、足を覆う部分が多いタイプのものを選びましょう。

 

 


スニーカーを選ぶ際も、背伸びをするときに曲げるつま先部分がスムーズに曲がるかどうかはチェックしたほうがいいでしょう。
子供の靴選びは慎重になりがち。むしろ「草履がいい」「裸足がいい」というご意見もあるかと思います。確かに草履や裸足で遊ばせることも時には大事です。が、コンクリートの強い衝撃が吸収されない、ケガをしやすいなどのデメリットもあります。あまり理想に縛られるのも窮屈ですから、たまにはサンダルもOK!オシャレ靴もOK!という柔軟性を持って、子供と一緒に楽しく靴を選ぶのがいいのではないでしょうか?

 

 


♪ 靴のお手入れも忘れずに
どんなタイプの靴でも、汗をたっぷり吸っていますから、必ず中底はお手入れをしましょう。かたく絞った布で拭いてから、陽陰干しで乾かせば、黄ばみやカビの防止になります。スニーカーや革靴など、年中履くものも、外側を磨くだけでなく全体をしっかりケアしてあげることが長持ちの秘訣です。

旬の食材レシピ 桃

旬の食材レシピ 

【桃の効用】
更に意外なことにバナナより食物繊維量が多く、そのうちの約半分が、普段の食生活ではなかなか摂取しにくい水溶性食物繊維というのも嬉しいですね。

 


【桃の冷製パスタに挑戦!】
 材料 … 桃・3個 にんにく・1かけ 生ハム・4枚
  オリーブオイル・大さじ4  カッペリーニ・120g
つくり方
1. 桃2個を薄くスライスし冷蔵庫で冷やす。盛り付け用のお皿も、冷凍庫で冷やす。
2. 桃1個とにんにくをみじん切りにし、果汁・オリーブオイルとともに鍋に入れて5分ほど煮立てる。粒感の残るペースト状になったら、冷蔵庫に入れて冷やす。
3. パスタを、通常のゆで時間より30秒ほど長く茹で、氷水にさらして冷やす。
4. 全てが良く冷えたら、パスタの水分をきちんと拭き取って2に和え、お皿に盛る。
5. 1と生ハムを添えて、オリーブオイルをかけたらでき上がり!

暑いからって油断は禁物!

暑いからって油断は禁物!

夏でも体は冷える!
夏の冷え対策、していますか?つま先が冷たい、顔の血色が悪い、などは冷えのサインです。

 


よく言われるのが、冷たいものを飲みすぎない、クーラーに当たりすぎない、といった対策です。しかし、とは言ってもついつい、アイスやビールに手が伸びますよね。飲みたい!でも我慢… 食べたい!でも我慢… と我慢ばかりしていても、結局続けられないのがオチ。そんな自分に嫌気がさす前に、最初は無理なく「ビールは一日1缶だけ、冷たいものは一個だけ」といったようにご自身なりのルールを決めてみてはいかがでしょうか?

 

 


人間の体は、基本的には冷たいものを受け付けないようにできています。冷たいものを徐々に減らすと、自然と、冷たいものが欲しくなくなります。そうなったら、あなたの体は冷えにくい、健康な状態に向かっているということができます
す。

 

筋肉を鍛えて美人になろう!
代謝をアップさせ体温を上げるのに最も効果的なのは、筋肉を鍛えること。「美人体温」ってご存知ですか?体にとって理想的な体温36.7℃のことをそう呼びます。筋肉を鍛えてお顔のみならず体も美人になりましょう!
筋肉を鍛える方法は、「踏み台昇降」で充分。最近は「スローステップ」という横文字名までつけられて、その効果が改めて注目されています。台の高さやステップの速度、回数ともに、あなたのペースに合わせて決めることができます。

 

ポイントは、例えば100セットやるなら最初の50セットは右足スタート、最後の50ステップは左足スタート、といったように、左右のバランスを取ること。エアコンの効いた室内でもできますから、ぜひやってみてください。
のです。

二日酔いを防ぐポイント

二日酔いを防ぐポイント

夏は暑気払いにお盆の同窓会など、お酒が進むシチュエーションが増えます。翌日に差し障りがないように、二日酔いを防いでおいしく楽しくお酒をたしなみたいものですね。

 

 


♪ 飲む前に脂肪分を取る
日本ではあまりメジャーではないかもしれませんが、地中海地方では飲酒前にはオリーブオイルを飲む習慣がありますし、ロシアではバターやサワークリームを摂取して二日酔いを防ぐということが昔からなされています。ナッツ類にも脂肪分がたっぷりですから、お酒を飲みながらナッツを食べるのは、実は二日酔いの予防にばっちりなんです。

 

 


♪ 発泡系のお酒をがぶ飲みしない!
仕事帰りの1杯はサイコー!ついつい「とりあえずビール!」と言いたくなりますが、グイグイいくのはグッと我慢。炭酸を含む発泡系のお酒は、アルコールが腸から吸収されるスピードをアップさせてしまいます。ビールだけではなく、シャンパンやスパークリングワインなども同様です。最初の一口を飲んだ後は、意識しておつまみなどを胃に入れながらゆっくり飲みましょう。

 

 


♪ 飲む前後にアミノ酸を積極的に摂取しておく
二日酔いの原因は、アルコールの分解過程において体内で生成される有害物質、アセトアルデヒド。この分解を助けるのがアミノ酸なのです。アミノ酸の中でもグルタミンとアラニンの2種類がアルコールの代謝を高めるということが分かっています。飲む前、そして飲んだ後に摂取しておくことで二日酔いを防ぐことができます。アミノ酸はサプリメントなどで手軽に摂取できるので常備しておくと安心です。

旬の食材レシピ シソ

旬の食材レシピ シソ

夏バテ、二日酔い解消効果のあるシソの旬は6月~9月です。

 


【シソの効用】
シソには防腐作用のあるペリルアルデヒドの他、βカロチンとカルシウムがとても多く含まれています。その中でも、βカロチンは高い抗酸化作用があり、ガンの予防に効果があります。

 

 


【おかずにおつまみに、ささみの梅シソ巻き】
材料 …ささみ・4本 青じそ・8枚 梅干・3個 塩・こしょう・酒・適量
つくり方
1. ささみを観音開きにし、めん棒などで叩いて薄く大きくのばします。
2. ラップを外し、塩・こしょう、酒少々をふります。
3. 梅干しは種を除き、包丁でたたいてつぶします。
4. ささみ1枚に付き青じそ2枚を広げ、その上に梅を塗ってから、くるくると巻き、フライパンでこんがりと焼いたら出来上がりです。

低カロリー高タンパクの一品。ダイエット中でも安心です。

糖分のとりすぎに注意!

糖分のとりすぎに注意!

ペットボトル症候群とは
暑い夏にはどうしても冷たいものが欲しくなります。熱中症も気になるからとスポーツドリンクばかりを飲んだり、爽やかさにつられて清涼飲料水を飲んだりしすぎると知らず知らずのうちに大量の糖分を摂取していることがあります。

 

 

 

ペットボトル症候群とは、糖分を多く含む飲料の取りすぎが原因で起こる急性の糖尿病です。熱中症予防には、水だけではなく塩分も含むものを、と思い、ついついスポーツドリンクなどをがぶ飲みしがちです。

 

 

しかし、スポーツドリンクや市販の塩入りの清涼飲料水を1日2リットル程度飲んでいると、それだけで100g以上の糖分を取ってしまいます。標準の生活強度の成人男性の炭水化物摂取基準量は300~400g程度ですから、いかに糖分を取りすぎているかが分かりますね。糖分の取りすぎは糖尿病に直結します。毎日スポーツドリンクをたっぷり飲んでいる人は要注意です。

 

 

 

 

糖分の取りすぎで他のトラブルも
夏の冷たいおやつといえばアイスクリームにかき氷、ジュース。どれも甘いものばかりです。そのため、しっかり意識しないと糖分ばかりを取ってしまいがちです。

 

 

糖分の取りすぎは糖尿病だけではなく、お肌の老化の原因となる糖化やコレステロール値の上昇も招いてしまうことが分かっています。健康のためにも美容のためにも、糖分の取りすぎにはくれぐれも気を付けましょう。どうしてもスポーツドリンクを飲みたい場合は、自家製にして砂糖を控えたり、ミネラルウォーターをプラスして薄めて飲んだりすると糖分摂取量をずいぶんと減らすことができます。

 

 

 

アイスクリームも単体ではなくヨーグルトを混ぜたり、凍らせたゼリーと混ぜたりすると糖分も脂質も少ないものにでき、メタボ予防にも。グラノーラなどを合わせると食物繊維の補給にもよいですね

 

リンパマッサージでむくみ解消

リンパマッサージでむくみ解消

♪ 足のむくみをとりましょう
①アキレス腱のあたりを両手でつかみ、膝まで撫で上げるようにします。
②太ももの前面を、膝から足の付け根までさすります。太ももの裏側も同じ要領で、お尻の下までさすります。
③足の付け根の部分を優しく撫でます。

 

 


♪ 次は腕のマッサージ
手首をつかんで、親指で腕の内側を軽く圧迫するようにしながら、肘まで撫で上げます。腕を上げて、肘から脇の下にかけて二の腕を撫でます。

 

 


♪ 最後に首筋をスッキリと
首筋を、顔の下から鎖骨にかけてマッサージします。そのあと、鎖骨あたりにたまったリンパを流すイメージで、肩先の方に向かって撫でましょう。図のように、左側は右手、右側は左手で行います。

旬の食材レシピ:ゴーヤ

旬の食材レシピ:ゴーヤ

緑のカーテンで活躍してもらったら、おいしく消費しましょう。

 

 


【ゴーヤの効用】
 ゴーヤと言えば、あの苦みですよね。苦味成分はモモルデシンといい、肝機能を高め、血糖値の降下に効果があります。また、疲労回復に効くビタミンCが多く含まれています。

 

 


【お肉と一緒にモリモリ食べよう!ゴーヤの豚肉巻き】
 材料 … ゴーヤ・1本 豚肉(薄切)・300g サラダ油・適量
     塩・こしょう・にんにくすりおろし 各適量
   A(ケチャップ大さじ4/しょう油小さじ3/カレー粉小さじ1)
 つくり方
1. ゴーヤは半分に切って種とワタを除き、太めの棒状に切る。
2. 豚肉に塩・こしょう・にんにくをまぶし、1をまく。
3. フライパンでオリーブオイルを熱し、2を、巻き終わりを下にして焼く。焼き目がついてきたらコロコロと転がして火を通す。
4. Aを混ぜ合わせたものを加えてからめたらできあがり。
チャンプル以外に思いつかないときは、どうぞお試しください。