「冷え対策とストレス対策も肩こり・腰痛対策に効果的」

「冷え対策とストレス対策も肩こり・腰痛対策に効果的」

肩こりや腰痛といった身体の節々の痛みは、骨や筋肉の異常等の明らかな怪我・病気でなければ、血行障害か、ストレスによります。

 

◎「冷え」による血行障害と肩こり

血行障害の原因は、筋肉の使いすぎによる疲労(姿勢でパソコンに向かうなど)もありますが、もう一つ、「冷え」もあります。

 

 

 

 

 

 

冬にしもやけで手が痛かった経験、ある方もいらっしゃるでしょう。これは寒さにより身体の末端の手の血行が悪くなって起こったものです。

 

 

 

 

 

ただし冷えは、冬に限らず夏でも起こります。最近の夏は、どこに行っても冷房がガンガン効いていますよね。しかも夏は薄着。だから冷たい風が直接当たれば、一気に体温を奪われ冷えてしまいます。特に冷えの影響が出やすい首や肩は、ショールを掛けるなどしてもいいくらいです。

 

 

 

 

さらに、冷気が直接は当たらなくても冷房で室温がかなり下がっている場合、冷え対策のために身体が知らず知らずにこわばり、肩をすぼめてしまいがちです。すると、肩の筋肉が緊張し、これがまた肩こりの原因になります。

 

夏でも冬でも、冷え対策は万全にし、もし冷えてしまったら、お風呂に入るなどして身体を温めて血行改善を図るようにしましょう。なお、冷え対策で厚着をしすぎると身体が締め付けられ、これも血行不良につながるので、注意してくださいね。

 

 

 

◎「ストレス」による肩こり・腰痛
また、肩こり・腰痛の原因としては実はもう一つ、「ストレス」もあります。ストレスも適度なら問題なく、むしろ生きるために必要ですが、過剰なストレスは自律神経のバランスを崩します。これが、はっきりした原因がわからないけど肩が痛い、腰が痛いといった症状が引き起こすのです。

 

 


しかも原因がわからない肩こり・腰痛の不快感がさらにストレスとなり悪循環となりうるのです。だから、肩こり・腰痛対策のためにも、ストレスはため込みすぎずに解消することが重要です。

 

 

ちなみに、上手なストレス解消は、「自分にとってスッキリする行動」を知ることから。世間一般的に良いとされる、ヒーリング音楽やスポーツもあくまでも一般論です。

 

 

身体を動かすとスッキリする、落ち着いた時間を過ごすとスッキリするなど、「自分が心地よい」を基準に自分なりのストレス解消法を会得してみてくださいね。

「夏こそデトックスで元気に過ごせる身体作りを!」

「夏こそデトックスで元気に過ごせる身体作りを!」

夏真っ盛りともなると、暑さで外出するのは億劫になり、運動はほどほどに、冷房の効いた室内で過ごすことが増えがちですよね。でも少しは暑さを感じ汗をかかないと、体内の老廃物も溜まる一方。ますます疲れやすく、冷房に頼る生活になります。そんな状
態から抜け出し、夏を健康的に過ごすためにも、夏こそデトックスに気を使ってみましょう。

 

 

 

デトックスといっても難しいことではありません。まずは日々、身体を冷やしすぎず、胃腸や腎臓など内臓の働きが低下しないようにすること。

 

 


手軽なのは、お風呂に入る方法です。

 

だいたい38度~40度程度のぬるま湯に、20分~30分くらい半身浴をすると、全身の血行改善に効果的です。なお、汗を大量にかくことになるので、お風呂に入る前にコップ一杯のぬるめのお水を摂取しておくのも忘れずに。

 

それに気温が上がる前の早朝にウォーキングなど軽い運動をするのもおすすめです。適度な運動によって筋肉を使うと、筋肉のポンプ機能によってやはり全身の血行が促進されます。しかも運動によって体温が上がるので、気持ちよく汗をかいて全身の老廃物を出せますね。ただしお風呂同様、運動前に水分補給をしておきましょう。

 

また、デトックスは食生活でも実践できます。デトックス効果が高いのは、「香味野菜」。パクチー、ニラ、ねぎといった香りの強い食材ですね。特にパクチーは、香味野菜の中でもデトックス効果が高いとされています。

 

 

 

そして「ネバネバ」した食材もおすすめ。山芋や長芋、昆布やわかめ、オクラ、モロヘイヤといった食材の粘り気は、ムチンやフコダインと呼ばれる成分で、体内から老廃物を排出する肝臓・腎臓の機能を高めてくれる効果があります。

デトックスによって、無駄な水分や成分を出せれば、夏特有の冷房による冷え性やむくみ、けだるさともおさらばできるというもの。これで暑い夏に打ち勝ち、生き生き生活していきましょう!

気になる!ニオイ対策

気になる!ニオイ対策

♪ 汗自体は無臭?ニオイ対策は時間との勝負です!
汗そのものは無臭だと言われています。においの原因は雑菌。汗をかいて放置すると、皮膚の上にいる雑菌や洋服についている雑菌が反応してにおいを放つのです。制汗剤など使わなくても、濡らしたタオルでこまめにふき取ると、においの元が水分と絡んでくれるので取り去ることができます。

 

 


♪ 頭皮のニオイはクレンジングで
夏は頭もにおいますね!暑いと毛穴も開きがちですから、皮脂も増え、そこに汗が加わるのでにおってしまうのです。頭皮のニオイは普段のケアで軽くすることが可能です。使うのはメイクを落とすためのクレンジングオイル。髪が乾いた状態でオイルを500円玉分くらい手にとって、それで頭皮マッサージをします。その後お湯で洗い流して普通通りシャンプー等をします。

 

 


♪ ニオイ対策の重層水とミョウバン水
外回りの多い営業マンなど、「汗をかく仕事だけど、におったらマズイ」方にオススメなのがミョウバン水です。最近注目されているようですので、ぜひネットでチェックしてみてください。ミョウバンは水に溶けると酸性になることから、雑菌の繁殖を抑えてにおいの原因をブロックしてくれます。汗をおさえる効果もありますから、一石二鳥ですね!

旬の食材レシピ モロヘイヤ

旬の食材レシピ モロヘイヤ

モロヘイヤの旬は7月、8月です。鮮度が落ちるのが早いので、ゆでて冷凍保存するのがお勧めです。

 

 


【モロヘイヤの効用】
食物繊維は豊富ですし、美肌に欠かせないカロチンはホウレンソウの3.5倍だし、ビタミンCもたっぷり。また、ビタミンB1、B2や、体の調子を整えるために大切なミネラルも豊富です。

 

 


【モロヘイヤと卵のスープ】
材料 … モロヘイヤ・1束 卵・2個 がらスープ・大さじ2 
    すりごま・適量 
つくり方
1. モロヘイヤは茎も含めてみじん切りにします。
2. なべに水を4カップ入れ、がらスープを入れます。
3. 煮立ったらモロヘイヤを入れ、アクを取り除きます。
4. ときほぐした卵を沸騰したところに流しいれ、そっと混ぜます。
5. 火が通ったらすりごまを振って出来上がりです。

夏の皮膚トラブル

夏の皮膚トラブル

侮ったら大変、汗疹(あせも)
汗疹、と書くと何だか難しい病気のように感じますが、私たちがあせもと呼んでいるのがこれです。汗腺が詰まってしまいそこで炎症が起きてしまう状態を言います。このあせもにも種類があり、赤みを伴わないぶつぶつ水泡の水晶様汗疹、赤みが出る紅色汗疹、そしてあまり日本では見かけませんが、汗を出す管が壊れてしまい、患部が盛り上がる深在性汗疹があります。

 

 

あせもは通常数日から、長くても半月程度で改善するのですが、そのうち治ると思ってケアを怠ったり、かゆみに負けてかいてしまうと炎症がひどくなったり、とびひになったりすることもあります。

 


あせも対策は、とにかく放置しないこと!できれば濡れタオルでこまめにふき取るようにすると、あせもだけではなく、ニオイの予防にもなります。そして、着替えができる環境にある時には、肌着だけでも清潔なものに取り換えるとあせもをかなり予防することができます。

 

汗との不協和音、金属アレルギー
普段はどうってことないのに、汗をかいたら手首や指、首回りがかぶれてしまった。そしてその部分にあったのは時計や指輪、ネックレスなどの貴金属。そう、それが汗と絡んで起きる金属アレルギーです。もちろん汗をかけば冬でも起きるのですが、やはり夏に悩まされる人が多くなります。

 

 


私たちの汗は酸性で、量はほんの少しなのですが、金属を溶かしてしまう性質があります。これが皮膚に触れて炎症を起こしてしまうのです。かゆみに負けてかいてしまうと、今度は皮膚のバリア機能が壊れた中にどんどん侵入するので、金属アレルギーがひどくなってしまうのです。

 

 

 

 

対策は、金属を肌に直接触れさせないことと、ひたすら汗を拭きとることくらいしかないようです・・・

献血はいいこといっぱい

献血はいいこといっぱい

日本赤十字社によると、7月1日から31日は「愛の血液助け合い運動」月間。今回は、献血をした方にはどんないいことがあるのかを調べてみました。

 


☆ ちょっとした健康診断
献血の前は、必ず問診のほかに血圧検査・血液検査(血液型・比重・菌の有無のチェック)を行います。つまり、あなたの血液の状態を知ることができ、無料で健康診断を受けられるようなものなのです。検査に合格すれば、「人様に差し上げても良い血」というお墨付きがもらえて、ちょっと嬉しくなれます。

 

 


☆ デトックス効果もアリ
200ccまたは400ccの全血献血と、血小板や血漿のみを採取してから血液を体内に戻す成分献血があります。何百ccも抜いた無事に家に帰れるかどうか…と心配な方は、成分献血を希望するといいでしょう。
では、全血献血でたくさん血を抜くことは、健康上問題ないのでしょうか?答えは「問題なし」です。むしろ、古い血液を出すデトックス効果があります。デトックスすると新しい血がどんどん作られ、むしろ健康になると言ってもいいほどです。

 

 


☆ その他いろんなメリットが
まず献血ルームは冷暖房完備。待合室にはお菓子やジュースが置いてあり、食べ放題・飲み放題です。また、コミックが置いてあったり、お米や卵などを粗品としてもらえることもあり、お得感満載です。
何より、血液を提供して感謝されるというのが気持ちいいですよね。7月中は全国で献血の呼びかけが増えますから、一度行ってみてはいかがでしょうか?

旬の食材レシピ クウシンサイ

旬の食材レシピ クウシンサイ

【空芯菜の効用】


豊富なベータカロチンは体内でビタミンAになり、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持に役立ってくれます。また、汗とともに出ていくカリウムが摂取できるほか、夏バテ防止の効果の高いビタミンBも多く含まれているので、この時期もってこいの野菜ですね。

 


【モリモリ食べて夏バテ知らず!空芯菜のピリ辛ひき肉炒め】
 材料 … 空芯菜・200g 豚ひき肉・120g エリンギ・1本
ごま油・大さじ1 ニンニク・1かけ 赤唐辛子・少々
A(しょう油・大さじ1 みりん・大さじ1 塩こしょう・少々)
 つくりかた
1. 空芯菜は5センチの長さに、エリンギは縦半分に切ってから薄切り、ニンニクはみじん切り、赤唐辛子は小口切りにする。
  2. フライパンでごま油を熱し、ニンニク・赤唐辛子・ひき肉を炒める。
  3. ひき肉がぽろぽろになったら空芯菜の茎とエリンギを入れて炒める。
  4. 葉を加え、Aを混ぜ合わせて加え、ひとまぜしたらできあがり。
炒めすぎると、空芯菜のシャキシャキ感が失われてしまうので、手早くササッと炒めましょう。空芯菜とニンニクのパワーで元気が出ますよ

胃腸を大切に

胃腸を大切に

夏に出やすい消化器系の症状


暑い夏。ただ歩くだけでも汗をかきますね。のどはカラカラ、そんな時にぐびーっと飲む冷たいビールや炭酸飲料、スポーツドリンクは、たまらなくおいしいものです。

 


…が、実はそれらが夏の下痢のもと。夏はついつい冷たいものを飲みすぎてしまうため、お腹の調子が乱れがちになるのです。また、寝ているときにクーラーを使用したり、薄着で寝たりすることで、夏であるにも関わらず体を冷やしてしまい、夏風邪を引いたり、寝冷えして腸内細菌のバランスを崩してしまったりするのも、お腹の不調の原因になります。

 

 


夏こそ、体を冷やさないように注意しましょう。冷たい飲み物は控え、常温または温かい飲み物でのどを潤しましょう。寝るときに腹巻をするのもいいですよ。

 

 


冷えだけでなく、湿度も温度も高い季節は菌が繁殖しやすくなります。夏休みに海外旅行に行く際には、感染性の病気に細心の注意を払いましょう。

 

 

食中毒の防ぎ方
夏は食中毒患者が最も増える時期。毎日の食事の際には、以下の点に気を付けてください。

 


【食材購入時】消費期限を確認すること。また生肉や魚の汁がパックから出てこないよう、ビニール袋に入れてから持ち帰るようにしましょう。家に帰ったらすぐに冷蔵庫・冷凍庫に入れましょう。

 


【調理前・調理中】タオルや布巾はこまめに清潔なものと交換し、定期的に煮沸消毒する習慣をつけましょう。調理前の手洗いは、石鹸をつけてしっかりと。なまものを触った後もきちんと手を洗いましょう。

 


肉や魚は中心までじっくり火を通すこと。中心部の温度75℃以上・1分間加熱が基本です。

 


【調理後・食事】調理器具は長時間放置せず、すぐに洗いましょう。まな板は熱湯消毒を。スポンジも洗剤で洗って水けをきります。

 

食事の前に手を洗うことは基本中の基本。食材は室温で長時間放置しない。冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに食べましょう。

スパイスって体にいい!

スパイスって体にいい!

夏の食欲不振に効果的と言われるスパイス。実はそれだけでなく、いろんないい働きをしてくれる食べ物です。
☆ スパイスの効果


色付け、香りづけだけというイメージがありますが、実はスパイスの効果はこんなにあります。
①食欲を高め消化吸収を助ける  ②代謝を促進し「冷え」を予防する 
③抗酸化物質を豊富に含み、血管の老化などを予防する  
④減塩、減カロリーを助ける


生活習慣病の予防になりますし、先に述べたクーラー病の予防に、②の効果が期待できます。

 


☆ 手軽に本格ピクルスを作れます
①白ワインビネガー1/2カップ、水1カップ、砂糖大さじ1、塩小さじ1、にんにく1かけ、唐辛子1本、ピクリングスパイス小さじ1を鍋に入れ、軽く沸騰させます
②熱湯消毒した瓶に、好きな野菜(キュウリ・大根、ニンジン、カリフラワー、パプリカ、ミョウガなど何でもOK!)を詰めて、①を注ぎ入れたら完成。

旬の食材レシピ:ししとう

旬の食材レシピ:ししとう

ピリッとしたものが食べたくなったらこれ!
【ししとうの効用】
 カロチンが多く含まれており、老化防止やがん予防の効果があります。カロチンは、油で炒めると吸収率がアップするので、ソテーしていただくのもいいでしょう。
【元気いっぱいレシピ!鶏手羽元の酢醤油炒め】
 材料 … ししとう・10本 鶏手羽元・6本 にんにく・1かけ
  サラダ油・少々  塩こしょう
A(醤油 大さじ2・酢 大さじ4・
みりん 大さじ1・水 1カップ)
 つくり方
1. ししとうに串で数か所穴をあける。にんにくは薄切りにする。手羽元に塩こしょうをふりかけ、もみこむ。
2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、手羽元をカリッと焼く。
3. Aを加えてアクを取りながら、蓋をして弱火で30分煮込む。
4. ししとうを加えてさらに5分煮込み、蓋を取って強火で水分を飛ばす。たれが絡むようになったらできあがり。
体に力が湧いてくるレシピです。疲れたと感じたときにどうぞ☆