「朝起きたら首が痛い・・『寝違え』の理由と対処法」

「朝起きたら首が痛い・・『寝違え』の理由と対処法」

なんだか肩がこっているなぁと感じるのは、毎日の家事や座り仕事などで、首や肩の筋肉に疲れがたまった結果のことが多いです。一方で、朝起きたら首・肩に激しい痛みが!というときもありますよね。こちらは『寝違え』によります。

 

 

 

 

 

 

◎『寝違え』の原因とは

寝違えの原因は、主には寝ている間の姿勢が悪いせいです。例えば、布団・ベッドや枕といった寝具が身体にあわない場合。不自然な姿勢で寝ることにつながり、寝ている間に筋肉組織が突っ張って硬くなってしまいます。

 

寝ている間は姿勢に無理があっても、起きている間ほど自由には姿勢を変えることができないため、不自然な姿勢による筋肉や靱帯の疲労が極まり、痛みにつながるのです。

 

また、昼間激しい運動をした日や、たくさんお酒を飲んだ日の翌朝に寝違えを経験したという方も多いはず。これは、疲労や泥酔によって、睡眠中の寝返りが少なくなり、姿勢があまり変わらないことで、特定の筋肉や靱帯に負担が偏ってしまった結果なのです。

 

「ぎっくり腰」の経験者も多いかもしれませんが寝違えとぎっくり腰には近いものがあり、短期間に大きな負担が身体の特定の筋肉などに加わることで起こります。一方で、背景には慢性的な筋肉疲労もあり、普段から筋肉を適度に使い、疲れが溜まりにくいよう柔軟にしておくことで、寝違えもぎっくり腰も回避できる可能性が高まります。

 

 

 

 

◎「寝違え」が起きたらどうすれば?
首に急激な痛みを感じたら、まずは首を動かさないようにし、安静にすることが大切。可能であれば、首を固定するカラーを着けて、首の動きを制限してあげるとベストです。

 

 


そして、こわばっている筋肉の血行を促しましょう。蒸しタオルなどを使って肩をじんわりと温める、湿布を貼る、またはぬるめのお風呂にゆったりと浸かって全身を温めるのも効果的です。首をあまり動かさず、血行を促進するという対処を続けていれば、1週間程度で痛みが消える場合が多いです。

 

 

 

なお、痛みに対しては冷やすという対処もありますが、これは一時的に痛みを和らげるにすぎません。寝違えを直すには、血行促進が大切です。また、あまりにも痛みが激しくて首がまったく動かせないという場合は、自分で治そうと頑張らず、身体の専門家に相談するようにしてくださいね

「そのときどきの旬の食べ物で美味しく健康に」

「そのときどきの旬の食べ物で美味しく健康に」

身体は日々の食事によって作られるもの。だから健康を意識するなら、日々の食事の食材選びは重要です。日本は四季が明瞭と言われますが、それぞれの季節に「旬の食べ物」
がありますよね。

 

 

 

例えば、春のタケノコ、夏のトマトやキュウリ、秋のきのこ、冬の白菜などなど。どれもその時期に多く出回り、季節を感じさせると共に、美味しさで魅了してくれます。

 

 

こういった旬の食べ物、実はただ美味しだけでなく、その季節にあった効能が期待でき、しかも栄養価も高いのもポイントです。

春の優しい苦みのある山菜類には冬に溜まった体内の毒素排出作用が、夏の水分の多い野菜・果物は身体の熱をとる作用が、あると言われます。

 


また秋のきのこ類やゴボウなど根菜類は夏に疲れた胃腸を労る作用があり、冬の白菜や大根と言った野菜は加熱して食べると身体を温めてくれる効果があるとされます。

 

そして、もっとも成熟しているタイミング=旬だからこそ、旬以外の時期と比べて栄養価も高くなっているのです。

 

ちなみに、食品は自分が暮らす場所が産地のものを食べた方が、より身体に合うとされます。今でこそ世界中から食品を取り寄せて食べることができますが、そもそもは地元の食品を食べていたもの。だから、身近な地の物の食材だと、身体も栄養を効率よくとりやすいのだとか。

 

ミネラルウォーターにもミネラルの多い・少ないで硬水・軟水がありますが、日本のお水は軟水です。なので、身体に負担少なくお水を飲みときは、軟水がおすすめ。一方で、胃腸に刺激を与えたいなら、硬水をたまに飲むのもありですよ。

 

 

さて、今月6月の旬の食材と言えば何かおわかりですか?夏へと季節が変わりゆく6月は夏野菜のはしりが出回ります。きゅうり・ピーマン・トマトにいんげんや枝豆などなどですね。湿気と暑さに負けないためにも、夏野菜料理を楽しんで、美味しく健康的に過ごしましょう!

水虫予防をしましょう

水虫予防をしましょう

♪ 水虫は6月にかかる人が結構多い
湿気は、水虫にとっては最高の環境です。水虫の原因となる白癬菌は、湿度が高い環境が大好きです。本人がいくら足を洗ったり乾燥させたりしていても、周りからじわじわやってくる湿度で水虫トラブルに巻き込まれてしまうこともないわけではありません。足だけではなく、靴のお手入れも必須です。ちなみに、ブーツ等で靴の中だけが蒸している環境が増える1.2月も水虫繁殖期です。知恵袋的ですが、新聞紙を入れておくと乾燥に役立ちますよ。

 

 

 


♪ 水虫予防には足を洗う、はホント?
足を洗うことは予防に効果的です。お風呂に入った時、外から帰って来た時には、足の指の間までしっかり洗いましょう。しかし、ごしごし洗いは禁物。ごしごしやると皮膚が傷ついてしまうため、白癬菌の影響を余計受けやすくなり、かえって水虫の範囲が広がってしまうこともあります。洗った後は、清潔なタオルでしっかり水気を取って、足を適度に乾燥させておくようにするとよいですね。

 

 

 


♪ ここから家族にうつるかも!
水虫は家族に移りやすいです。感染源はバスマットや靴、スリッパ。特にバスマットは湿気が多くなっていることが多いし、裸足で使用するものなのでこれを介して水虫が家族に感染することが多いです。靴や靴下のシェアは危険がいっぱい。特に靴は頻繁に洗わないため、汗が染みこんで湿度も高く、白癬菌が大喜びで住んでいる確率大!どれもこまめに日干し、乾燥させましょう!靴を洗う際には洗濯洗剤の溶液にしっかり漬けおきすると汚れも菌もよく落ちます。

旬の食材レシピ トマト

旬の食材レシピ トマト

トマトの旬は6月~。実は真夏のものより、初夏のものが味が良いのです。

【トマトの効用】

トマトといえばリコピン!トマトの赤い色のもととなっている成分で、活性酸素を減らす働きがあります。その他、皮膚や粘膜を強くするビタミンA、美肌効果の高いビタミンC、リコピンと同じく抗酸化作用のあるビタミンEの他、塩分を排出するカリウムも豊富です。

【話題沸騰中!塩トマト】

材料 … トマト・大1個 塩・20g はちみつ・10g 

    すりおろしにんにく・1かけ 

つくり方

  1. トマトは5ミリ各ほどに刻みます。
  2. トマトと調味料をボウルに入れて混ぜます。トマトを刻んだ際の汁も全部入れてOKです。
  3. 熱湯消毒した瓶に入れ、冷蔵庫で1晩寝かせます。
  4. 時々振ってあげるとよく混ざります。冷蔵庫で1週間程度持ちます。

カビがもたらす健康被害

カビがもたらす健康被害

◆アレルギーを引き起こすカビ!
夏風邪を引き、治ったのにいつまでもセキが続くということはありませんか?その原因は実はカビという可能性もあります。ずっと使っていなかったエアコンの内部や浴室、トイレ等に発生するカビ、トリコスポロン。

 

 

これは夏型過敏性肺炎を引き起こします。胞子が3~10ミクロンときわめて小さいため、肺胞の中まで吸い込まれやすくなっているために肺炎を引き起こしてしまうのです。家で発生することが多いカビなので、自宅に長くいる主婦の方に影響があることが多いと言われます。

 

 


またアルテルナリアというカビは、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎を引き起こします。これも湿気がこもりやすい押入れ、畳のすみっこなどに発生しやすくなっています。高温多湿を好むので、梅雨時期が一番危険!油断しているといつの間にか生えているカビなので、湿度の高い場所をチェックしておきましょう

 

カビを防ぐポイント
温度と湿度が高ければ高いほど、カビは繁殖しやすくなります。カラッと晴れたお天気を待って窓を開けて・・・とは思うものの、それを待っていては湿度は上がるばかり。

 

 

曇り空ぐらいの時には窓を開け、換気を行う方がベター。エアコンのドライも、エアコンの中にカビが生えていて室内に吹き出してしまうこともあるので、事前に掃除していない場合は使用をお勧めできません。

 


簡単に使えるのは扇風機や換気扇。クローゼットや押入れに向けて扇風機をかけたり、おうちにある場合は除湿器をかけたりするとカビが生えにくくなります。お出かけ前にセットしておくと音も気になり

ません。湿気がたまりやすい洗面所や浴室は、できる範囲で換気扇をかけっぱなしにするのも湿気対策には有効です。

梅雨は梅干しが大活躍

梅雨は梅干しが大活躍

☆ 「梅雨」の語源
梅雨の語源は諸説あるそうです。ひとつは、黴(かび)が発生しやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、「黴」ではあまり美しくないので「梅」に変えられた、というもの。確かに「カビあめ」のままだったら嫌ですね。そしてひとつは、6月は梅の実が熟す季節であることが語源とする説。毎日雨が降るから「毎」という字があてられた、という説もあるそうです。

 


☆ この時期、梅干は欠かせない!
単なる当て字であったとしても、この時期には本当に梅干が活躍します。梅雨時期には食中毒も多発しますが、それは湿気が多くて菌が繁殖しやすいだけでなく、湿度と気温の上昇により胃酸の分泌が抑えられ、胃酸の殺菌効果が弱まることも原因なのです。梅干は、胃酸の分泌を促すだけでなく、食中毒の原因となる細菌の増殖を抑えます。つまり食べ物が腐るのを遅らせる効果があり、湿気の多い季節にはうってつけの食材です。お弁当はもちろん、毎日の食事の際にも梅干を一個つまんで、元気に梅雨を乗り切りましょう。

 

 


☆ 梅干を使ったレシピ
鶏ささみ100gを、薄口しょう油大さじ1・みりん大さじ2を混ぜたタレに漬け込んだ後、強火で蒸してさきます。それを、千切りにし塩もみしたきゅうりと、種を除いてみじん切りにした梅干と混ぜ合わせれば、さっぱり梅干和えのでき上がり!

旬の食材レシピ びわ

旬の食材レシピ びわ

5~6月が旬のびわ。そろそろスーパーでも安くなり始めるかも?

【びわの見分け方】

ヘタがしっかりしていて、実にハリとツヤがあり、全体にウブ毛が見られるのがいいびわです。

【びわの効用】

びわにはカロテンのひとつである「βクリプトキサンチン」が多く含まれており、皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保ちます。高血圧の予防をはじめ、がん予防やアンチエイジングにも効くとされています。

【びわといえばやっぱり!びわのコンポート】

 材料 … びわ 食べたいだけ  白ワイン 1カップ  砂糖 1カップ

水 1カップ  レモン汁 1/2個分   はちみつ 大さじ1

 つくり方 … 1. びわの皮をむき、半分に切って種と渋皮を取る

       2. 白ワイン・砂糖・水を鍋でひと煮立ちさせ、びわとレモン

汁を加える

       3. 3分ほど弱火で煮て、火を止める直前にはちみつを入れる

       4. 粗熱をとってから保存容器に入れる

皮をむいただけの丸ごとの状態で作ってもOK。また、できたシロップをゼラチンで固めれば、美味しいびわゼリーのできあがりです!

 

梅雨も熱中症対策

梅雨も熱中症対策

梅雨の熱中症の実態
毎年夏になると、「熱中症の症状で○人が搬送され…」というニュースを耳にしますね。年間で、熱中症による搬送者が最も多いのは、真夏の40度近い気温の日ですが、次いで多いのは、梅雨の合間や梅雨明け直後の晴天の日だそうです。熱中症は、汗をかくことにより、体の水分や塩分が急激に失われることによって発症します。消防庁などがこまめな水分補給・塩分補給を呼びかけるのはそのためです。

 

 


ではなぜ、梅雨の時期にも真夏と同程度、またはそれ以上の熱中症発症者が出るのでしょうか?

 


人間の体は、外気温に関係なく36度前後の体温を保っています。これは自律神経のおかげなのですが、この自律神経のはたらきも常に万全ではなく、急に暑くなったり寒くなったりすると、すぐに適応できなくなることがあるのです。そのため、夏本番はすでに暑さになれていますが、本格的に暑くなる前の梅雨の時期に、急に気温が上がると、体が適応できなくなるのです。まだまだ6月だから熱中症なんて…と油断するのは危険。急に暑くなったり、湿度で体内に熱がこもったりすることがありますので、充分注意しましょう。

 

 

 

体を慣らしておきましょう
近年熱中症が多発している原因のひとつに、「都市化」によって私たちの体が暑さに順応しにくくなっていることが挙げられます。
暑い日でも冷房が効いた部屋で一日中過ごしたり、普段から体を動かす習慣が少なかったりすると、汗腺の働きが低下し、うまく汗をかけなくなります。梅雨入りの頃から、うまく汗をかけるよう体を慣らしておきましょう。

 

 


まず、日頃からウォーキングなどの運動や入浴などで汗をかく機会を増やしておきましょう。汗で水分が出れば、血液が濃くなりますので、水分は「早め」に「こまめ」に補給しましょう。発汗がスムーズだと、突然の気温の上昇にも対応しやすいので、熱中症にもかかりにくくなります。

 


また、温度の変化は感じやすいのに対し、湿度の変化は気付きにくいことがあります。部屋に湿度計を設置し、定期的に湿度をチェックするといいでしょう。

雨の日を楽しく過ごしましょう

雨の日を楽しく過ごしましょう

いよいよ梅雨シーズン。毎日ジメジメと薄暗くて憂鬱な気分になりがちなもの。でも、考え方を変えれば、雨でも楽しく健康に過ごす方法があるのです!
♪ 家でゆったり健康法
家でただゴロゴロするばかりでは、体によくありません。「健康的に」「ゆっくり」過ごすコツは「何にでも時間をかけること」です。
食事の時にゆっくり噛むようにすると、食べる量が抑えられるだけでなく、消化が良くなることで胃の負担が軽くなったり、顔の筋肉が鍛えられたり、などといううれしい効果があります。また、ゆっくりお風呂に入るのもいいですね。時間を気にせず、カメになった気持ちでゆったり行動してみてください。

 

 

 


♪ 湿度とにおいの関係

においと湿度の関係はとても深く、乾燥しているとにおいは弱く感じられ、湿度が高いとにおいも強くなります。そんな湿度の効果を利用して、お部屋の中をいい香りでいっぱいにするのも、この時期ならではの過ごし方と言えるでしょう。
おススメは、肩こりや痛みに効くローズマリー。なんとなく重くてだるいと感じる体をすっきりさせてくれます。

旬の食材レシピ:あんず

旬の食材レシピ:あんず

生のものも干したものも、おいしいですよね。
【あんずの効用】
 体を温める効果がありますので、体が冬に冷えやすく夏にほてりやすい人は、干しあんずを一日数個食べる習慣をつけましょう。もっとがんこな冷え性の人には、あんず酒がおススメです。
【冷えも改善!あんず酒】
 材料 … あんず(生)・1kg 氷砂糖・400g
  ホワイトリカー・1.8リットル
 つくり方
1. あんずはよく洗い、ペーパータオルで水けをふきとってから保存瓶に入れる
2. 氷砂糖とホワイトリカーを加えて3か月保存、実を取り出してさらに2か月放置。
3. 秋の夜長の晩酌に召し上がれ。

一日につき、盃1~2杯程度ずつ飲むと効果的です。飲みすぎには注意しましょう。