スタッフ紹介

院長ごあいさつ

院長写真

この度地元の筑紫野市杉塚に整骨院を開業した熊谷と申します。整骨院を通じてみなさまのカラダの痛みや悩みを改善し地域の方々に少しでも貢献できるよう頑張ります。

院長 熊谷 大輔(くまがい だいすけ)

昭和57年 6月 18日   筑紫野市杉塚生まれ

・学生時代は野球で汗を流す日々(へたでしたけど(^_^;))

・学生時代、足を骨折し病院で治療を受ける中リハビリの先生にあこがれ医療職を志す

・福岡天神医療リハビリテーション専門学校卒業後、8年間、県内の整骨院で修業

・故郷に治療を通じて貢献したいという思いから2015年に杉塚に開業しました

趣味 野球観戦 散歩

性格 マイペース・柔道整復師免許(国家資格)

・専科教員資格取得(専門学校の先生)専門学校にて講師経験あり

・介護支援専門員(ケアマネージャー)

わたしが治療家になったきっかけについて・・・

わたしは小学校2年生の頃から野球を習っておりましたが、中学2年生の時足を骨折してしまい
ました。それ以降足はもちろんからだのいたる関節が痛くなりました。そして3軒以上病院に行っ
たのですがシップと電気治療だけで「この症状は原因がわからないから安静にしておきなさい」
と言われ大好きな野球ができずに途方にくれていました。

そんな時友人が1枚の整骨院の紹介カードを私に渡してくれました。

勇気を出して人生初めて行った整骨院で、院長先生に私の症状を説明した際、「大丈夫。治してあげるから。大丈夫だよ。」という言葉をいただきました。一瞬耳を疑いましたがどこに行っても治らなかったためすごく目の前が明るくなったのが今でも覚えています。

そうして先生と二人三脚で治療をしていくうちに、3ヶ月後には野球に復帰できるようになり
とてもとても嬉しくて嬉し泣きしたのを今でも覚えています。

そんな経験から私も困っている人を助けたいという気持ちが強くなり専門学校に入学、3年後に国家試験を取得し、晴れて治療家になりました。

その後、福岡県内の整骨院で8年間修行させていただき、33歳の時私の故郷ここ筑紫野市に現在の整骨院を開業いたしました。

開業してから今までからだの痛みや症状に困っている方に来院していただいて頼りにしていただき、症状が治っていく患者さんを見ることができた時、本当に治療家になって良かったなと
強く感じています。

これからも「患者さんの痛みや悩みを改善してみなさまが健康で元気な生活が送れる」よう精一杯サポートさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。


受付 熊谷 南(くまがい みなみ)

昭和60年8月6日  太宰府市出身

所有資格

・言語聴覚士

・日本言語聴覚士会会員

・ガイドヘルパー養成講座講師

こんにちは。受付・施術助手の熊谷南です。受付業務はもちろん言語聴覚士として言葉や飲み込み(嚥下)の調子が悪ければぜひご相談ください。

笑顔で明るく元気にをモットーに頑張りますのでよろしくお願いいたします