肘内障

症状

子供が手を引っ張られた後などに、痛がって腕を下げたままで動かさなくなります。

肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こります。

多くは、5歳以下の子供にみられます。

診断

肘内障の診断

受傷時の状況と、肘をやや曲げた状態で下げたままにして、痛がって動かそうとしないことから、肘内障を疑います。

骨折や脱臼との鑑別のために、X線(レントゲン)検査で骨や関節に異常がないことを確認することもあります。

治療

徒手整復を行います。整復の後はいつもと同じように腕をつかってかまいません。ただ、手を引っ張られることによって繰り返すこともあるので、注意してください。